> > > つい失敗したときのことを考えてしまいます・・・

メール交換 / 婚活:相手の気持ちの悩み

つい失敗したときのことを考えてしまいます・・・

30代男性

ご相談内容

私は、同時に複数の人とやり取りするより、一人の人とやり取りするというタイプです。

こちらにお世話になる前にあったことなのですが、一度に複数の人とやり取りしてみるけど、最後はみんなに断られてしまう・・・けれど、一人の相手とやり取りしててうまくいかずに別れることになった時、気がつくと日がかなりたった後だった、ということがありました。原因は私にあったのか、または縁がなかっただけと解釈しています。

そんなこと考えている場合でない、色んな人と話して良い出会いを見つけないといけない、というのは分かっているのですが、ついつい失敗した後のことを考えてしまいます。

前向きな考え方、積極的に活動するにはどういう風に心がけていけばいいのか、教えて下さい。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。

現在、ご自身のおられる状況から、何となくあせりと不安の気持ちにかられてらっしゃるようにお見受けしますが、そのお気持ち、とてもよくわかります。

結果が見えないと、この期間は自分にとって何だったのだろう、無駄だったんじゃないか・・・、なとど、いろいろ振り返っては悶々としてしまうことってありますよね。

常日頃、自分らしい生き方で丁寧に日々を送っていらっしゃる方であっても、ふと先行きを考えた時、呆然としてしまったり、自分が得たもの、得ていないものといった、かたちにばかりとらわれてしまうことがあるものです。

でも、そういう中で、あなたはご自身のタイプを認識され、それを踏まえて将来に前向きに活かそうとしていらっしゃる。素晴らしいと思います。

当たってくだけろ、数打ちゃ当たる・・・、というタイプの人だってつまづくことはあるでしょうし、その時にそういうタイプだったらあんまり傷つかない・・・、ということではないでしょう。

積極的な姿勢と同時に、あなたのように内省できる部分がバランスをとってこそ、素敵な人生になるのではないでしょうか。

自分にとって、ちょっぴりなら無理できることと、絶対無理なことを知り、あくまで楽しい方向へ、自分らしい方法で進んでいらっしゃるのがベスト。

あなたが、複数でなく一人の人とやり取りなさるタイプなら、そのやり方を大事になさっていただきたいと思います。

もちろん、本サイトとしては、会員の方々が限られた時間を効率的に使えるよう、数ある出会いの可能性の中、ご自分にぴったりの人を探せるというメリットから、複数の方とのやり取りをお勧めしている部分があります。

でも、それはあくまで最大公約数的なこと。
大事なのは、それをいかに自分らしくカスタマイズできるか。
それが成功のポイントだと信じます。

たとえば、女性というものは、薔薇の花をプレゼントされたり、美しい夜景をバックに、あるいは雰囲気のあるお店などで、「愛してる」とか「きれいだね」と言われるのが好きだ、と思われているかもしれませんが、そんなことは絶対できないと思ってらっしゃる男性だって少なくありません。

でも、そんなことができなくても結婚したカップルは多いし、そんなことはできないと思っていたのが、ある女性と出遭ったら、そういうことがしたくてたまらなくなるかもしれません。

決めつけ過ぎないで、少しだけチャレンジしてみませんか?
こだわるところはこだわって、でもこだわり過ぎないで、流せるところは流していければ、かなり楽になれるでしょう。

かつて、一度に複数の人とやり取りしても最後はみんなに断られてしまうけれど、一人の相手とやり取りして、結果的に別れたものの、長期間続いたことに気づかれたそうですが、その時の複数の方とのメールのやり取りは何人ぐらいでどんなやり取りだったのでしょう。

たとえ何人が相手であっても、一人一人と対峙する時はその人に向けて誠心誠意、心を込めてコミュニケーションを計らないと、愛情関係、ひいては人間関係は紡げません。

などと言うと、複数の女性に「愛してる」と言えてしまうプレイボーイの方法論みたいですが、何人の中の一人であったとしても、向き合う時は一対一。それが極意です。五人も十人もとそうしてください、ということではありませんよ。

たとえ相手が一人であったとしても、心を込めて向き合わないと、“自分が大切にされてない感”は女性に伝わってしまうでしょう。

あなたが気持ちをこめることができそうなお相手と、二人か三人、もしやり取りができそうなら、チャレンジしてみてください。

一人に絞ってしまうと、それこそリスクを想定してしまい勝ち。
でも、もし一人に対してなら、自分らしさを時間をかけて表現していくことができる、でも二人以上に分散させてしまうと、決して悪いことではないと再三言われているにもかかわらず、どこかで相手に対して卑屈になってしまいそう・・・、であるなら、スパッと、一対一のやり取りを充実させる方向にシフト。

なし崩し的にでなく、自分は自分の意志でそういうおつきあいをセルフプロデュースしているのだという意識を感じて、どうか自信を持ってください。

状況や相手に振り回されてしまうと、結果の良し悪しが非常に気になりますが、自分らしく行動できていたなら、結果がどうであっても、それこそ縁がない相手だった・・・、と気づけるはずです。

縁のなかった相手を惜しむ必要はまったくありませんが、自分をうまく出せないで、良縁を逃がすのはもったいない。

あなたと、心の状態や感動したものについて話し合って、とても楽しいと感じる女性は多いのではないかと思います。
微妙な心の機微を語り合える、あるいは理解してくれる男性は、女性にとって大変貴重な存在だからです。

どうぞ自信を持って、自分らしさを楽しんでください。
心からご健闘を祈ります。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP