> > > メールの返事がこなくなってしまうのは、なぜ?

メール交換 / 婚活:コミュニケーションの悩み

メールの返事がこなくなってしまうのは、なぜ?

20代女性

ご相談内容

こちらに登録させていただいて長くなりました。何名かの方とメール交換させていただきましたが、まだお会いできた方はおりません。

楽しくメールさせていただいても、相手の方からお返事が来なくなってしまうことが多く、自信が無くなってしまいました。相手の方が『いいかも』と表示して下さっても、お返事が来なくなることもありました。

私なりに話題を振ったり、失礼のないように気をつけていましたし、相手の方とも楽しくメールのやり取りが出来ていたと思っていたのに、急にお返事が来なくなってしまう度に、どうして?という気持ちになり、来ない返事を待ち続けているうちに、疲れてしまいました。

お返事がいただけないのは、私が原因なのでしょうか?

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

相手から連絡が途絶えてしまうのは本当に寂しいですよね。自信がなくなってしまうお気持ち、待ち続けて疲れてしまうお気持ち、よくわかります。

実際にどのようなメールのやりとりをされたのかわかりませんので、具体的に何が問題だったかを指摘することはできませんが、基本的な部分から考えさせていただいてよろしいでしょうか?

お会いする以前の段階なのですから、判断材料としては「プロフィール」と「メール」だけですよね。
まずプロフィールですが、あなたはご自分の写真を掲載してらっしゃいますか?

もし載せていらっしゃらないなら、ぜひ掲載することをお勧めします。
写真を掲載すると注目度が俄然アップして、たくさんメールをいただけることはデータとして明らかになっています。

写真というと、美人であるとかないとかにこだわる女性も多いようですが、そうではなくて、男性側からすると、顔がわかるほうがメールしやすい、つまりリスクが少なくて済む、と感じる男性心理というものが大きいわけです。

美醜以前に、自分を公表できている意識といいましょうか。男性のほうが社会意識が強いですから、顔の見えないものに対する不信感のようなものが、女性以上に強いのですね。
写真を載せている人ということで、まずつかみOK、とりあえず安心できる・・・みたいな感じ方があると思うのです。

次に、もし写真を載せていらっしゃるなら、写り方を再考してみてください。例えば、顔が髪の毛で隠れて“貞子”のようになっていませんか?
あなたがもし、「私は目の半分まで前髪が下りてないと美しくないの」というお洒落哲学をお持ちだとしても、目がちゃんと見えない写真は、お相手に好感を与えません。

また少しでもきれいに見せたいと、デパートの化粧品売り場で美容部員さんにいつもと違う、目の周りを太いアイラインで取り囲んだ白目がわからないような小悪魔メイクをしてもらった時に、携帯で撮った写真を載せてはいけません。
ゴージャスに飾り立てる必要もありません。

大事なのは、「清潔感」と、「あなたらしい自然な優しさ」が出ていること。

家ではいつもジャージ姿の干物女だとしても、撮影の時は友達に借りてでも白いブラウスを着るとか、清潔感と好感度はぜひ考慮なさるといいでしょう。

また表情ですが、もし証明書みたいな硬い表情だとしたら、大笑いしてなくていいですから、やはりちょっとだけでも微笑んでいるものにしてください。

それからプロフィール。
あなたはとても謙虚で女性らしい細やかなデリカシーに富み、慎み深い印象を受けるのですけれども、自己PRを地味に書き過ぎていらっしゃいませんか?

自我自賛のオンパレードにするべきだと言っているのではありませんよ。謙虚な方、あるいはご自分に自信がない・・・と思ってらっしゃる方は、おうおうにしてそれをPR文にも表してしまいがちなもの。

「大した恋愛体験もなく不安ですが・・・」とか、「私のようなものが・・・」などといったネガティブ書き方をされていたり、自己PRなのに自分のいいところを全然書いていらっしゃらなかったり。

実際に会っていない段階で、自己紹介の非常に限られた短い文章で相手を惹きつけるためには、事実だとしてもネガティブなことを書くべきではありません。決して嘘をつけと言ってるのではないですよ。

自己PRなのですから、ご自分の良いところを書いていただきたいのです。

私の勝手な想像ばかりで恐縮ですが、もしかりに、あなたがあまり恋愛体験が豊富ではないとしても、
「あまり恋愛体験はないのですが、好きな人には尽くすタイプ。素直だとよく言われます。相手の話をじっくり聞くのが大好きです。受けとめ合え、支え合っていける信頼関係を築けるよう努中・・・」などというふうに書くことはできませんか?

あるいは、
「自分では恋愛下手じゃないかと思うのですが、人間関係を丁寧に、人の心を大切にしたいといつも思っています。スロースターターですが、ゆっくり時間をかけて愛情を育んでいけた嬉しいなって思ってます」
とか。

気持ちの方向性をポジティブ方向に向けてみましょう。
とんでもなく明るく振舞う必要も、カッコつける必要もないのです。
自然なままのあなたには、いいところがたくさんあるのですから。

それを客観的に観察して、他人が読んだ時にどういう印象を受けるか・・・まで考えて文章に落とし込んでいく作業。
それができて大人なのです。

私なんかとてもダメ、今で精一杯・・・などと尻込みなさらないで!

もしPR文にネガティブなことを多めに書いていらしたら、今すぐ見直してください。
全部いいことを書かなくてもいいですから「傷つきやすいところがあるけれど、だからこそ人には優しくしたいです」と、後半でフォローするように工夫したり、「自分に自信がないのですが、もし結婚できたら愛情を注ぐ自信はあります」ぐらい売り込んじゃってもいいと思うのです。


恋したいでしょう?
好きな人ができたら結婚したいでしょう?
愛し合う相手には愛をかけたいと思いませんか?
信じ合える人と楽しい家庭を作りたくないですか?

いいたいことが言えて、一緒にいるとホッと安心できて、ともに笑い合える相手と!

そういう基本の立ち位置に、今一度もどってみていただけませんか?


あなたが実際にどういうPR文を書いてらっしゃるかわからないので、勝手なことばかり申しあげてごめんなさいね。

でも、そういう楽しい気分をどこかにキープしていないと婚活は続きません。
素敵な恋愛関係、結婚生活をイメージして、それを膨らませて自分が楽しいワクワクした気分にならないと、何のための活動かわかりません。

心理療法士に自分の病歴やトラウマを相談しているわけではないのです。
これから、いつでも新しく楽しくさらにあなたらしくスタートできるのですよ!


それから最後になりますが、
メールのやりとりを始めたら、「待ち」の姿勢だけに徹しないこと。

自分から積極的に出られなくても、「会いたいですね」「会えたらいいですね」とは言えませんか?
ぜひおっしゃってください。
失礼のないように話題を振っているだけでは、たぶん足りなかったから、こういう状況になっているのかもしれません。

もう少しだけ勇気を持って、「私って素敵なのよ!」と思っちゃってください。

自己PRにそういう雰囲気が出せれば、あなたご自身もだんだんそういう方向へ自然に進路をとり始めます。大丈夫です。

心から応援していますよ!

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP