> > > 会話のキャッチボールができない方への対処

メール交換 / 婚活:コミュニケーションの悩み

会話のキャッチボールができない方への対処

30代女性

ご相談内容

初めてご相談させて頂きます。
いろいろな方とメール交換をしていると、どうも「日記風自己完結型」メールが多くて困る事があります。

「今日は仕事でこんな事がありました。時間かかったけどこうしました。先週は飲み会がありました。それでは」 
という感じのメールが相手から来て、こちらは、
「この間は大変でしたね。でも何とかなってよかったですね。飲み会は楽しかったですか?私は映画を見ました。○○さんは最近なにか見ましたか?」
などと返信します。

でも、その返事がまた
「今日は休みなので部屋の掃除をして買い物に行きました。いろいろ買ってしまいました。明日ゆっくりして明後日からまた仕事です。では」
という感じで、会話のキャッチボールになりません。

こういうメールを書かれる方は結構多いと感じています。なるべく相手の話に応え、なおかつこちらの事も書こうとは思っていますが、こういう状態が続くと、何で私ばかり話の盛り上げ役?と疲れてきます。
でも「話が弾まなく面白くないのでメールはやめたいです」とはなかなか言えません。

単に口下手なのか自分の事しか興味がないのか、こういう場合のうまい対処法はあるものでしょうか?

アドバイザーの答え

私へのご指名でのご相談、ありがとうございます。
真摯に受けとめさせていただきました。


あなたはとても素晴らしい方ですね。
相手を思いやる言葉選びや会話のセンスに
深い洞察力と優しい心遣いが感じられて、なぜ、あなたのような返信に
ちゃんと男性が受け答えできないのだろうと悔しくなりました。

ただ、そういう男性が非常に多いのもまた事実。
彼らのほとんどはまったく悪気がなく、
普段そんなにマメに女性とコミュニケーションをとらないが故が、
自分のことを書いて送るだけで、相手とうまくメール交換しているから
順調なのだという気持ちになっている場合が半分。
それから実際、自分のことにしか関心がなく、でもそのことに
気がついていない場合が残りのうちの半分で、
もう半分(25%)は、残念ながらコミュニケーションが取れない方たちだと思います。

また、基本的に男性のほうが脳の構造上、
相手の身になって細々とした部分にまで心を通わせる、
というのが苦手だというデータがあるのも事実です。

しかし、こちらの会員で同じ目的でメールをやりとりしているわけですから、
あなたのお気持ちは、察して余りあるものがあります。
気遣ってメールしていた相手をいきなり無視するのは
あなたの優しさが許さないと思うのです。

では、あなたが質問形式の会話を2、3回続けて発してみて、
(勘のいいあなたのことですから、どういう質問なら相手が
乗ってくるかもちゃんと意識されてると思いますが…)
それが2、3回ともまったく無視されるようなら、
「この前ご質問した○○について、ぜひあなたの意見を聞いてみたいです」
と明確にふってみては?

それでも進展が無いなら、
「質問をしたらそのことに返事をかえして、お互いのことを知りながら
会話のキャッチボールを楽しみたいと思い、そういうメールを出すよう
心がけてきたのですが・・・
○○さんはきっとお忙しくて、そういう感じではないようですね。
とても残念ですが、ご遠慮させていただこうかと思っています」
といった返信をしてみてはいかがでしょう?

それであわてて何か謝りを意味するような返信がくれば再開し、
それきりなら、あなたにふさわしいお相手でご縁があるとは思えませんから
遠慮なくおつきあいをやめてもかまわないと思います。

逆にいえば、あなたの繊細な心遣いをきちんとキャッチして
メールを返してくる男性がいるはずですから、
その方に出会うまで、あなたがその優しさを保っていてくださることを
切に願ってやみません。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP