> > > 「結婚」ではなく、「誰か」がそばにいる人生

結婚 / 婚活:条件の悩み

「結婚」ではなく、「誰か」がそばにいる人生

40代女性

ご相談内容

本当に結婚したいのか、そうでないのか…考えることが面倒と言うか、答えが出せずに疲労して、途中で考えるのを拒否してしまいます。

このままでは独居老人の孤独死で、骨になるまで発見されない…なんて考えが浮かぶと、それが恐ろしくて…

結婚と言う形式に拘らず、血縁者とまでは行かなくても、ある程度信頼のおける「誰か」が近くにいる事はとても望んでいます。

でも、どう考えても私は恋愛体質ではないし、自分の持つ力や時間をパートナーの為に大量には使えない(使いたくない)気持ちがあるのが正直なところです。

アドバイザーの答え

こんにちは。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの佐藤栄子と申します。
ご相談をお受けいたしました。

あなたは現在の生活にさほどの不満や不足を感じてはいらっしゃらないけれど、将来のことを考えると、このまま結婚せずに、今の生活を続けていってもいいのかという、漠然とした不安をお持ちなのですね。

まして先日、誰も想像していなかった大きな災害が起こり、ますます一人でいることが心配になってしまったのではないでしょうか。

かといって、結婚するためにご自身のパワーの大部分を割いて恋愛したりという気にはなれない、というのが悩みどころですよね。

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集」のデータを見ても、男女とも非婚化が年々進んでいます。
そのため私は、今の40代が老人世代になる頃には、現在以上に単身世帯が増えると考えていますので、一人で生活している方同士が男女問わずコミュニケートできる生活の場が、時代の要請もあって増えているだろうと思います。

今は大丈夫であっても、年を重ねれば誰しも体力は衰えてきますし、ずっと一人だけでいることに不安を感じるようになるでしょうから、おのずと人との触れ合い、助け合いをお互い求めるようになるのではないでしょうか。

ですから、あなたが他人との交流を自ら絶ってしまうようなことがない限り、今から孤独死の心配をなさらなくても、私は大丈夫だと思うのです。


とはいっても、その年代まで一人でいるのも寂しいから結婚を考える・・・、一般論であれば、「寂しさを回避するために結婚するのはおかしい」と言われますよね。

でも私は、人生の方向性がある程度見えてきた年齢の方であれば、そういう選択もあっていいと考えます。

まだ人生経験の少ない、例えば20代の方であれば、恋愛を通じて他人と深くかかわりあい、理解することで個人の成長が望めますし、一つの未来を二人で協力して築いていくことができるでしょう。

しかし、色々な経験を経てきた40代であれば、相手に振り回されることも振り回すこともなく、お互いの持つ知恵を出し合い、二つの未来を結合させて、より充実したものにしていくことができると思うのです。

『結婚』という形に限らずとも、あなたが真剣に「人生を共に歩めるパートナー」が欲しいと考えるのであれば、まずすべきは恋愛ではなく、自分は今後の人生に何を望むか、それを満たすために他人とどういう関わりが必要か、どんな人が必要かを考えてみることだ、と私は思います。

「条件優先なんて邪道だ」などと思うことはありません。

自分が本当に望んでいることが何か見極めることができる年代であるからこそ、自分にとってベストな関係、ベストな相手を的確に選ぶことがで きるのですから。

いずれにしても、あなた自身が望まない限り、「一人ぼっちの寂しい老後」にはならないと思います。燃えるような恋愛をしなくても、穏やかなパートナーシップを築くことも可能です。

焦ることなく、あなたの心の声に耳を傾けてみてくださいね。

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

佐藤栄子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP