> > > こんな気持ちから婚活を始めてもいいのでしょか・・・?

結婚 / 婚活:マナーの悩み

こんな気持ちから婚活を始めてもいいのでしょか・・・?

20代女性

ご相談内容

最近登録して、何人かの方とメール交換を新鮮な気持ちで楽しんでいます。
ですが実は婚活を始めたきっかけが仕事で悩みが増えて、早く退職したいからという安易なものなのです。悩み自体も正直なところ、自分に甘いクセが露呈して職場の信用を無くしてしまい…という、非常に身勝手なものです。

こんな風に考えてしまう自分が本当は自分の問題から逃げているだけだともわかっていますし、今メールをしている方々にも大変失礼なことです。趣味の話など楽しいのですが、どこか後ろ暗い気持ちがあるのも事実で、こんな気持ちのまま結婚など考えてはいけないような気がします。

今のまま私は婚活を続けていいのでしょうか。
とても身勝手な話ですが、どうかアドバイスを下さい。よろしくお願い致します。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。

婚活を始めるきっかけは、人それぞれでいろいろな理由があると思います。

たとえば、結婚を考えていた相手と別れた失恋の痛みからだったり、養子にきてくれる人がいいという条件が絞れる選択のためだったり、再婚希望で、子どもにお母さん、お父さんをつくってあげたい、だったり・・・。
その理由に対して、どこか後ろめたさをもっている人もいるかもしれません。

また、両親や周囲が早く結婚しろとうるさいから、ということもあれば、一人でいるのに疲れてしまって、などということもあるでしょう。
その理由のほうが後ろめたくないとは、一概に言えないと思うのです。

さあ、すべての環境が万全に整ったから、いつでも結婚、ドスコ〜イ!
みたいな人のほうがもしかしたら少ないのではないでしょうか。
婚活を始めたのに忙しい部署に異動になってしまったとか、同居している両親の体調に問題が出てきてしまったとか、結婚もしたいが仕事で独立することになりそう・・・などなど、
人生という旅のシーンは刻々と変化していき、また私たちの心の状態も決してずーっと同じではなかったりしますよね。
誰かへの思いを引きずったまま、必死に前を向こうとしている場合だってあるでしょうし、心機一転、新しい自分になりたいとポジティブに活動し始める人もいるかもしれない。

私は、あなたがご自身の現状を冷静に見据えていらっしゃることに敬服いたします。

「実は婚活を始めたきっかけが仕事で悩みが増えて、早く退職したいからという安易なもの」で、「悩み自体も正直なところ、自分に甘いクセが露呈して職場の信用を無くしてしまい・・・という、非常に身勝手なもの」と自己分析していらっしゃるところに、驚いてしまうと同時に、逆にあなたの聡明さを感じるのです。

実際にどんな仕事上の悩みで、あなたがどうご自分に甘いのかは存じません。
それを聞いたら、「それはまずいよ。結婚どころじゃないでしょ。仕事をやり直したら・・・」と言いたくなるようなとんでもないことをなさったのか、かなり謙遜が含まれているのかもわかりません。
ただ、その言葉通りにはどうしても受け取れないような気がするのです。

「何人かの方とメール交換を新鮮な気持ちで楽しんで」いらっしゃるなら、「趣味の話など楽しい」のなら、その気持ちを信じてみてはいかがですか?

今のありのままのご自分を、ご自身で認めてあげてほしいです。

本当に楽しいのか、単にしんどい仕事から離れた世界が楽なだけなのか、しばらくおつきあいを続ければ、あなたには間違いなくわかるはず。

婚活のきっかけというのは、実は何でもいいと思うのです。
ただ、お相手への気持ちが自分にとって大切なものであるかどうか。
お相手への愛おしさが本物かどうかを、じっくり自分に問いかけてください。

確かに、恋愛や結婚が何かの引き換えになってはいけないとは思います。
後でトラブルが起こった時に、「だって仕事がしんどかったから結婚に逃げただけであなたのことなんて、好きでも何でもなかったんだもん」というのは大人として避けたい。

“優雅な生活が最高の復讐である”とばかりに、失恋した相手を見返してやりたいとか、不倫を清算するために、今すぐ誰でもいいから結婚したい、というような極端なものでない限り、恋愛、そして結婚は、人間の心身を満たし、幸福感を味わわせてくれると思います。

もし、あなたが、「こんな風に考えてしまう自分が本当は自分の問題から逃げているだけだともわかっていますし、今メールをしている方々にも大変失礼なことです」という思いが余りに強く、本当は結婚なんて全然望んでいないというなら、デートしててもあまり楽しくないと思うのですけれど。

婚活をすることで別な世界が広がり、2人の世界に閉じこもれることで、逆に見えてくるものが必ずあります。

酸欠状態に陥っていたかもしれない職場で、少し余裕を持てるかもしれません。
あなたご自身が感じていた甘さを、もし改めなければいけないとしても、恋愛を楽しみながらなさってはいかがでしょう。

“立つ鳥、あとを濁さず”と言いますが、もし寿退社(昭和な言い方ですが・・・)するとしても、最後まできちんと仕事の責任を果たそうとすることはできるのではないでしょうか。
信頼を完全に復活させることは難しいことだと思いますが、努力する姿勢は持てるはず。
いろいろ問題はあったけど、最後はがんばったよね、と言ってもらえるように。

自分のことを知らないと、なかなか結婚は難しい。
結婚はゴールのように見えてスタートですから
そして、結婚は仕事と同様、いえ、さらに総合力です。
仕事に対する姿勢も魅力ある人間性も女性としての輝きも含めて。

職場では果たせなかったかもしれない様々なプロジェクトを、結婚生活で生かすことは十分に可能です。
もしかしたら自信をつけて、また仕事に戻りたくなるかもしれませんね。

あなたの感じるように生きていいのです。

結婚に逃げた、と思われるかもしれないって?
どう思われても気にしないで。
結婚という大事業を引き受けていけばいいでしょう。

たぶん、仕事上でいろいろしなくてはいけないことが出てくるかもしれません。
でも、ひとつひとつ新たな気持ちで丁寧に誠意を示していけば、いい方向へシフトできるのではないでしょうか?あなたが今、一番気にかけているのは、職場の人間関係ですよね。
その解決の糸口に向けて、そっと肩を押してくれるのが恋愛のような気がします。

すぐに結果を出そうと焦る必要はありません。
一度貼られたレッテルというか、人間関係はすぐには変化しませんが、意識を変えれば必ず変わります。

明るく挨拶をして、表面を取りつくろうような会話はやめて、本当に思っていることをピュアなまま、愛情に裏打ちさせて語るようにしてみていただけませんか?誰に対しても!

恋愛しながら、反省とともに自分の問題を考える。
それがあなたらしい進み方のように感じます。

どうか楽しみながらがんばってください。
応援していますよ!

響子

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP