> > > 元夫にそっくりな方で動揺してしまいます・・・ 

プロフィール・条件 / 婚活:婚活疲れの悩み

元夫にそっくりな方で動揺してしまいます・・・ 

30代女性

ご相談内容

先日、こちらのサイトでお会いした方のお話しをさせてもらいます。
ショックでした・・・元夫に、顔も体型も雰囲気もそっくりだったんです。

事前に写真交換したのですが、顔の部分が少し影になっててハッキリとは表情が分からず、気にしなかったのもありましたが。

その方はとても優しく話しやすい人でしたが、昔の夫を彷彿とさせるお顔に私が動揺してしまい、2回目のお誘いを受けたのですが、会うべきか躊躇しています。

人が違うから関係ないし、断るのは失礼と分かっているのですが、よくここまで似た人がいるなぁと、神様が与えた試練・戒めかな?と思ったら眠れませんでした・・・。
こんな私はもう、誰とも縁がないような気さえしています。

アドバイザーの答え

こんにちは。
エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの木村 祥典と申します。

お会いした方が前の旦那さんにそっくりで、ショックを受けたのですね。
せっかくあなたが実際に会いたいと思う方に出会えたのに、そのように感じられてしまったのは残念ですよね。

「人が違うから関係ないし、断るのは失礼と分かっている」と書かれているとおり、頭では理解されているのだと思います。

しかし心では、逆に関係があるように感じ、断りたいと感じているようですね。
その、“心で感じているもの”というのが鍵になると思われます。

このご相談内容から垣間見える、“心で感じているもの”を挙げてみましょう。

・顔も体型も雰囲気もそっくりだったのがショック
・その方はとても優しく話しやすい人だが、昔の夫を彷彿とさせる顔に私が動揺
・2回目の誘いを受けたが、会うべきか躊躇
・これは神様が与えた試練・戒め?
・こんな私は、もう誰とも縁がないような気がする

こうして心が感じているものを挙げてみると、あなたの心(意識)は、“彼”ではなく、“お別れした元旦那さん”、“私の心の中にある痛み”の方を向いているようです。

どのような経緯で離婚されたかわかりませんが、元旦那さんのことが今も心に引っ掛かり、何か消化不良で溜まったままになってしまっている気持ちが、心の中にあるように見受けられます。

そして、離婚の経験を通して傷つき、さらに今も自分のことをひどく責めている気持ちが心の中にあるようです。

そうしたものを心に抱えたまま次の恋愛に向かおうとすると、出会う人に対して元旦那さんの要素を感じる度に、ショックを受けたり、ブレーキがかかったりするだけでなく、せっかくの出逢いや進展も、新たな試練や戒めと感じてしまうことになります。

この状態を解消するには、自分の心と向き合い、心の中に溜まったままになっている感情を解放し、傷ついた部分を癒していくことが必要になります。

大事なポイントは、
『過去の失恋の痛みを癒すために新しい恋愛をしない』
ということです。

新しい恋愛を通して過去の失敗を取り戻そうとしたり、過去の痛みを癒そうとしたりすると、結果的に、無用に自分も相手も傷つくことが出てきます。

もしまだ過去の離婚で傷ついた痛みが残っているならば、新しい恋愛以外のところでその痛みを癒していって、離婚を「1人の人を愛し抜いた証」というふうに感じられる心の状態を作っていくことをお勧めします。

それでは、ちょっと想像してみてください。

「昔離婚したんだけど、そのおかげで本当に大事なことに気づけたんだ」
「離婚したおかげで、本当に人を愛するということがわかるようになったんだ」
「そんな離婚の経験の後に、あなたに出会えてよかったよ」

と、心からそのように感じ、それを笑顔であなたに話す人がいたとしたら、どのように感じますか?

あなたがそのような人になることで、素敵な恋愛ができる可能性はグッと上がると思いますよ。
素敵な恋愛を楽しめるよう、応援しています!

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

木村祥典

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP