> > > 親との同居を条件にしてる私に、結婚はムリ?

プロフィール・条件 / 婚活:遠距離の悩み

親との同居を条件にしてる私に、結婚はムリ?

30代女性

ご相談内容

この歳でまだ男性との交際経験がありません。また私には兄弟が無く片親という家庭環境です。これでは将来とても寂しくて不安です。

私は結婚したいし、子供も欲しいと思っています。しかし、『相手の親との同居』や『養子に行く』のを拒まれる男性が多く、その条件を満たす方も少なく、どのように活動したらいいのでしょうか。

こんな家庭環境で結婚は無理かな、と思えてきました。今はメール交換する相手がなく、いろんな方のプロフで『同居・養子』の欄を見ると、メールも送れない気持ちになります。
付き合ってから話し合えばいいかもしれませんが、最初からある問題ですし、相手の人生に関わってくることです。

こんな私でも受け止めて下さるような方と出逢えたら、と思ってます。
こんな私でも結婚相手が見つかり、幸せになれるのでしょうか?
(親1人は置いていけません)

アドバイザーの答え

こんにちは。
エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの鯵坂 直子と申します。
ご相談メールを拝見いたしました。

あなたは親思いの、優しく思いやりのある方だな、という印象を受けました。親一人子一人という環境で育ったあなたのことを想像すると、きっと愛情をたくさん受けて、愛情深い女性として成長されたのでしょうね。

自分が結婚して家を出たら、親が一人暮らしになる、娘としてどうするのか。これは、ある程度の年齢になったとき、誰もが行き当たる問題だと思います。
あなたは今、とても寂しくて将来が不安・・・結婚したいし、子供も欲しい。でも問題ある家庭環境では条件を満たす方も少なく、結婚は無理かもしれない、とまで感じているのですね。

パートナーを探すために、合コンや友人からの紹介、習い事や趣味に参加する、エキサイト恋愛結婚に登録する等、いくつも方法は考えられますね。これらすべてを試みれば、たくさんの男性と出会うことができるでしょう。

でもその中で、「同居」や「養子になる」という条件を最初から満たす方は少ないかもしれません。その上、いつも知り合った男性=自分に合う男性、ではないのが事実です。

ということは、最初から条件を満たし、かつ自分と合う男性と出会うのはかなり難しいのだと、あなた自身も体験によって既にご存知のことでしょう。自分にとってのパートナー探しの難しさを知り、それでも一生懸命ご自分の人生に向き合い、真剣に悩んでいるからこそ、ご相談くださったのですよね。

メールから、寂しさ、焦り、不安、怖れ、などが感じられました。そして、幸せになれるのかどうか、と大きな不安を抱いているあなたに、私は最初にお伝えしたいと思います。
幸せになれる可能性は、大いにあります!ということを。

文面からは、あなたが考える「幸せ」とは、結婚相手が自分の親との同居や養子になることを受け入れてくれて、親とパートナーと一緒に暮らすこと、なのですね。
もちろん、親が同居を望んでいて、自分にそれができるのなら、同居すればいいでしょう。子供のあなたにすれば、同居して親に恩返しをしたい、親孝行したい、と思って当然ですね。

ですが、ここでちょっと考えてみてほしいのです。
「親1人は置いていけません」とは、どんな気持ちで言っているのでしょう。
同居以外は考えられない、同居してくれないなら結婚できない、という感じを受けましたが、その裏にはどんな気持ちがあるのでしょう。

親への愛情や親孝行、恩返し以外の気持ちがもしあるとしたら、どんなことが浮かびますか?もし、親が一人暮らしになったと想像すると、どんな気持ちがしますか?

例えば、
■ 世間体が悪い
■ 一人暮らしなんてかわいそう、孤独で寂しいに違いない
■ 自分がいないと親は生きていけない
■ 老いた親を一人にする自分は親不孝だ
などなど、思い当たることがあったかもしれないし、違うことが思い浮かんだかもしれませんね。

私には、親が可哀想、寂しいだろうから、という「涙目」「情」で考えて、同居を決めているように感じたのですが、いかがでしょうか。

また、「こんな家庭環境では」「最初からある問題」とおっしゃるあなたは、どうやら今の自分の環境を否定的に捉え、その環境にいる自分まで「こんな私」と自信を失っているように感じました。

もし、環境のせいで結婚は無理かも、結婚するなら相手と親と同居以外に幸せはない、とまで思い込んでいるとしたら、大変厳しいようですが、その考え自体が不幸だと思うのです。

あなたの幸せは、本当にそれ以外にないのでしょうか。
・・・答えはノーです。なぜなら、私は、
「誰かの犠牲の上にある幸せは、本当の幸せではない」と考えるからです。

例えば、お互いの『孤独、寂しさ』をかばい合う様にしてつながる関係は、本当の幸せにはつながらないのです。それが親子であっても、です。それってどういうこと?って思われるかもしれませんね。

ここで冷静に、客観的に考えてみてくださいね。あなたは、親がどんな幸せを望んでいると思いますか?
それは「同居」かもしれませんが、その同居や養子という条件がネックで、自分の娘が結婚を難しいと考えていると知ったら、どう感じると思いますか?

私には子供がいませんが、もし娘がいたら、私のことは気にせずに自分自身の幸せを考え、親のためではなく、自分のための人生を生きて欲しい、と心の底から願います。
なぜなら、娘の幸せ=自分の幸せ、だからです。

あなたは、親の寂しさを埋めるために存在するわけではありません。そして親も、あなたの寂しさを埋めるために存在するわけではありません。
本当の親孝行とは、まずあなた自身が幸せになることなのです。

同居できないとしても、してあげられることはたくさんありますね。離れて暮らしつつ、できる範囲で気遣ったり、まめに電話したり、様子を見に行ったり、あなたにできる精一杯のことをすればよいのです。

本当に互いの幸せを考えるなら、最終的には老人ホーム等も利用してよいと思います。ただし、捨てるような気持ちで利用するのか、今回のあなたのような気持ちで利用するのか、この2つの間には雲泥の差があります。

あなたはきっと頻繁に顔を見せたり、連絡したり、自分に出来る限りのサポートはするでしょう。そんな行動を見れば、あなたの本当の気持ちは親にも周囲にも明らかになるものです。
もちろん表面的なことしか見ずに、そしる人もいるでしょう。けれど、世間からどう思われるかは関係ありません。自分の気持ちに愛をもって行動すれば、その愛は必ず親に届きますよ。

結婚相手にもまた、同じことが言えます。
「将来不安で寂しいから結婚したい」とか、「同居して欲しい」「養子になることを受け入れて欲しい」等、“相手への要求”が第一条件の場合は、なかなかうまくいかないのではないでしょうか。

運よく条件に合う人と結婚できたとして、はじめはうまくいっても、深く長くつきあっていくと、結果として、気持ちの部分で相手を尊重してないと気づくことになります。受け入れ難いかもしれませんが、つまり、自分の欲求を満たすために相手を利用しているだけで、心から相手の幸せを願っているわけではなかったことに気づくことになるのです。

ここでまた、ちょっと考えてみてほしいのです。あなたにとって、結婚することや出産することには、どんな意味があるのでしょうか。

あなたの条件である「同居」と「養子」を受け入れてくれる人、そして3人で暮らすこと、それが本当に自分を幸せにするのかどうか。
あなたはどんな幸せを望んでいるのか。そのことをもう一度確認し、自分自身とじっくり対話してみてはいかがでしょうか。

それでも、「この条件は絶対に譲れない!相手が同居と養子を確約してくれることが自分の本当の幸せに繋がるのだ」と信じられるのであれば、おのずと答えは決まってくるでしょう。

パートナーが見つかる保証もありませんが、あなたが言うように、条件を満たす人は少なくてもゼロではなく、見つからない保証もまたどこにもないのですから、条件を満たす人が現れるまで、活動をし続けるしかありません。

探し続けるのもひとつですが、最後にもうひとつの方法をご紹介します。
それは、「孤独と上手につきあうこと」です。

文面から、不安と寂しさを強く感じました。そして「一人は可哀そう、不幸」というような、孤独への恐怖もあるかもしれません。あなたにそんな気持ちがあるから、親もそうに違いないと思うのかもしれませんね。

世間一般には、「孤独=良くないこと」というイメージが強いようですね。できれば避けたい事態、仕方なく陥ってしまう状態、といったところでしょうか。
こんな考えから自由になるにはどうすればよいのか、それには2つ方法があります。

■常に孤独ではないように生きること
■孤独と仲良くなること、孤独に対する耐性をつけること

前者は、家族や友達、恋人と過ごしたり、結婚したり、子供を生んだり、「常に誰かの存在を感じ続けることにより、孤独感から距離を置く」というものです。
後者は、「一人のときは自分の力で対処法を身につけておく」という、病気にならないための基礎体力をあげるようなものです。

前者は、他人と関わることで得られる愛情や学び、成長のためにとても重要ですし、人が生きていく上で必要なことです。あなたがパートナーを探すことはごく自然なことなのです。

しかしこれから先、結婚したとして、家族にも友人にも恵まれ、配偶者にも先立たれず、介護を厭わない子供たちに見守られて最期を迎える・・・という常に周りに誰かがいてくれるという可能性は、ないとは言い切れませんが、保証はできませんよね。

だとしたら、結婚する・しないに関わらず、孤独に対する耐性を身につけておいた方が、あなたがラクに生きていかれるのではないか、と思うのです。必要ないかもしれないけれど、地震に備える防災グッズと同じ考えです。

具体的に何をするかということでは、いきなり「一人をエンジョイする」のは難しいかもしれませんし、戸惑うこともあるでしょう。まずは小さなことから始めてみるのがよいと思います。
お茶をしたり、お気に入りの場所に行ったり、買い物をしたり等、あなたが好きなことから、「一人」で始めてみるのがおススメです。そしてポイントは「楽しむこと」です。すると「一人でお茶するのも楽しいものだ」と、少しずつその楽しさに気づいていけるはず。

一人お茶の楽しさがわかったらしめたものです。それは孤独の味わいを発見したということであり、実は「誰かとお茶をすることの楽しさ」を発見することでもあるのです。一人でお茶を飲む楽しさと、二人でお茶をする楽しさは、全く別モノなのです。

両方の楽しさを知るということは、楽しみが増えることでもあり、一人と二人をより深く楽しめるということになるのではないでしょうか。一人の時間を楽しめる人が、二人の時間も楽しめると思いますよ。

本当の愛情を知るために、孤独があると私は考えます。

だとしたら、あなたは今までの寂しさの分だけ、必ず本物の深い愛情を得られると思います。そして何より、相手を思いやれる愛情を持ったあなたはとても魅力的な女性に違いないのです。

親や相手の人生を思いやるのと同じように、自分と自分の人生にも、どうぞ愛情を注いでください。
今回ご相談くださったことが、きっと将来の幸せにつながっていると信じています。
長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

鯵坂直子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP