> > > 「仕事」と「恋愛」、その両立が難しくて・・・ 

プロフィール・条件 / 婚活:女性からのアプローチの悩み

「仕事」と「恋愛」、その両立が難しくて・・・ 

30代女性

ご相談内容

私は今年36才になります。
一時は相手を真剣に探そうと思い、それなりに頑張った事もありましたが、残念ながらご縁がなく、未だに1人でいます。

一方、自分なりにキャリアウーマンを目指した時期もありましたが、自分の能力に限界を感じ、ふつうに会社に勤め、仕事をしてお金をもらい余暇を楽しむ、という生活をしていました。

でも、とある人との出会いで仕事を頑張ってみようと一念発起し、今は仕事一筋です。

このままでいいのだろうか・・・という思いもあるので、エキサイト恋愛結婚に登録しているものの、新たな出会いを探してという気持ちも時間的ゆとりもありません。
器用に、仕事も恋愛を両立できればいいのですが・・・

どう考えたらよいか分からず、相談させて頂きました。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

お仕事に打ち込まれているご姿勢、素晴らしいと思います。
一念発起してがんばり始めると、熱気を帯びた仕事のサイクルが次から次へと回り出し、どんどん仕事がおもしろくなり、仕事一筋になってくるものですよね。

そして、忙しさはわずかずつ加速し、それにいつの間にか慣れてしまうもの。気がつくと恋愛に割く気持ちや時間のゆとりがなくなってしまうこともあるかもしれませんね。そうやって1年2年と時が過ぎ去っていくものなのではないでしょうか。

でも、このままでいいのだろうか・・・という思いがあなたを当サイトに登録させた。
そのお気持ちをもう一度、ご自分の中で再確認なさっていただきたいと思います。

どういう人生を歩みたいのか。
普段、そこまでは迫らないご自分の心の奥底に肉迫してみてください。

このまま定年まで勤めあげて蓄財し、余暇を楽しむ一生ももちろんアリでしょう。
やりがいのある仕事に恵まれているのは、とても幸せなことです。

でも、仕事一筋という現状を、婚活しないでいることの「言い訳」にしてらっしゃいませんか?

目の前にやるべき仕事が常に山積していると、他のことには目を向けなくていいような気がしてくるものではないでしょうか。

あなたご自身が、仕事人生も自分には合っていると本当に実感されるなら迷いはないはず。このままでいいのだろうか・・・というお気持ちがどのあたりから生まれてきているのか、それをご自分で確認する必要があります。

一般的に結婚ってするものだと思うから、という感じなのか、本当はすごく結婚したいけれど、仕事が忙しくて他に目を向けている余裕がない、という感覚が他人事のように感じられるなら、もしかしたら本末転倒で、忙しいからそれどころではないという大義名分を自分で作って、婚活できないようにしてしまっているのかもしれません。
ご自分の心は、なかなか認めたがらない部分かもしれないです。

もし、世間の一般的な生き方を自分もしたい・・・という感じ方であるなら、それは別に結婚しなくてもいいのではないでしょうか。
ご自分の励める仕事に邁進していらっしゃればいい。決して器用に仕事と恋愛を両立させる必要もないでしょう。そういう生き方をしていらしても、恋する時はすると思います。

ただ、あなたの問題は、婚活を自分の中でどう位置づけるか、だと思います。

一生独身を貫く気概をお持ちなのではないですよね。
できるなら結婚なさりたいでしょう?
子供はほしくないですか?

そう思って、こんな感じだったらいいな、と思えるライフスタイルを思いっきり想像してみてください。
現状とかけ離れていると机上の空論のような気がしてしまうかもしれませんが、大事なこと。


お忙しくて、あなたには少しだけ「イマジネーション」が足りなくなっているように感じます。恋する楽しさ、ワクワク感を思い出してみていただきたいです。

肩の力を抜いて、素敵なデートをイメージなさっていただけませんか。どんなお洒落をして、どんなコンサートか映画へ行き、どんなレストランで食事するのか。
女性らしさを楽しむことをどうぞ思い出してください。

そのうえで、とある人との出会いで仕事をがんばってみようと一念発起し、今は仕事一筋でいらっしゃるという努力家で誠実ながんばりやさんのあなたに提案したいことがあります。

当サイトでのネット婚活を、「部活」のように想定してみていただけませんか。

2週間に一度とか10日ごととか、あなたにとって可能な頻度で集中して活動するという方法です。
もちろん、実際にメールのやりとりが始まってしまったら、そうは言ってられなくなってしまうかもしれませんが、日々、ちょこちょこ活動しようと思ったらきっとご無理でしょう。

お稽古事をされたことがあるかどうか存じませんが、日常的にとりかかろうとすると難しいと断念してしまうことでも、週に1回、2週間に1回、と区切ってメリハリをつけると意識が変わります。

どういうふうにアピールするか、などご自分で簡単なテーマの目標を作ってもいいでしょう。
今回は趣味の話題から・・・とか、今回はこの3人にアプローチしてみる・・・とか、今回は相手の話を徹底的にフォローしてみよう・・・とか、今回は自分の女性らしさをいろんなかたちで表現してみたい・・・とか。

部活感覚で婚活を!

一念発起して、とりあえず3ヵ月ぐらい取り組んでみていただけませんか?
やってられない、と思われたらおやめになってけっこうです。
でも、仕事のおもしろさを実感されているあなたなら、必ずや何かのかたちで、達成感なりあなたにふさわしい出会いなりを得られると信じております。

言い訳や大義名分でなく、本当にやりたいことをしていると、自分が生き生きしてくるのがわかります。
もっと言うと、自分は本当にやりたいことをしている、と自分が実感して生きていると、です。同じ仕事や部活であっても、です。

相手を真剣に探そうと思い、それなりにがんばったという以前のあなたではなく、仕事一筋を体験されている現在のあなただからこそ、私は自信を持ってそう申しあげたいと思います。

ご健闘を心からお祈りしております。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP