> > > 「相性」の点数が低くて不安…

プロフィール・条件 / 婚活:恋愛感情の悩み

「相性」の点数が低くて不安…

20代女性

ご相談内容

今お会いもして、さらにやりとりが続いている方がいます。
会った時の印象も良く、その後のメールも問題なく続いています。
ただ気になるのがプロフィールに載る「相性」で、点数が低いのです。

ハートメールを開く度に点数が見えて
「今は優しくて良い人だけど、気が緩んだらどうなるかな」
とかこういう相性が低いのを乗り越えられる自信がないし、そんなことで引っかかっている自分も嫌です。

こういう占いが全てでないとは思うのですが、「結婚」を考えると不安になってしまいます。
こういう不安を変えるにはどう考えればいいでしょうか。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

「相性」が気になるお気持ち、ものすごくわかりますよ。
ただ、プロフィール欄の「相性」というのは、当サイトの会員さんそれぞれがお書きになったデータでだけで分析された数値化であって、実際にお会いしてご本人の人間性や趣向を徹底的に確かめた絶対無比のものではないわけです。

決して信憑性を疑うわけではありませんが、あくまで出会いをスムーズにするためのひとつの目安だと思っていただければいいと思うのです。

趣味が一緒であったり共通点が多かったりして、相性度が高いと「へえっ、この人と会ってみようかなあ」と思うでしょう?
恋愛のスタート地点として、それはとても重要だと思います。

けれども本当の相性というものは、実際におつきあいしてみないといかんともしがたいところが多々あるもの。

たとえば、「私、うどんが好き」「僕も」とか、「外出より家でまったりしたい」「私も」といった事象が一致するということは、趣味や好みの問題ですよね。そこに個人的な価値観を付加すると相性ということになるのではないでしょうか。

つまり、本当に相性がいいカップルというのは、単に趣味が完全一致ということではなく、「俺は犬が好き」「私は猫派」という場合であっても、相手と自分の違う部分を好ましく受け容れられるか、という要素が加わってくると思うのです。

一般的な日常生活では、「ジャズ、聴く?」「俺はあんまり・・・」、「釣り、する?」「私はちょっと・・・」という段階で終わってしまう関係も少なくないでしょう。

でも、恋愛となってくると、自分はジャズはそんなに聴かないけれど、彼女のジャズへの傾倒の仕方が素敵だなとか、自分は釣りをしたことなかったけれど彼とだったら行ってみてもいいかな・・・と思えたりすることってありませんか?

趣味が一緒で仲がいい、というのはわかりやすいですよね。
しかし、趣味の違いがあってケンカもするけれど、ケンカによってお互いの本音がよくわかって、さらに相手に思いやりを示すよう心遣いできるようになれたり、自分の表現の仕方に関して問題提起させられたり、大げさなようですが人間の深淵に触れられたり、ということもある。

同じ趣味だからうまく行くのはサークルとか部活動の領域であって、恋愛や結婚の場合は、趣味の完全一致を求めることがベストな結果を生むとは限らないのではないでしょうか。

「相性」は、趣味や好みをさらに深くした「価値観」と言い替えてもいいと思います。
それはまた相対的に、相手とのかかわりによって微妙に変化します。

たとえば、自分の中にも、保守的な部分と過激な部分があったりしませんか?
この人といると、いつもはわがままな自分が、むしろフォローする側にまわってるなあとか、なぜあの人といると、いつも穏やかな自分がガンガン文句を言っちゃってるんだろう・・・みたいなことってありませんか?

自分の反応というか表情は、相手から吹いてくる風で変わります。

たとえケンカしても、この相手だと自分をそのまま出せて楽だなあ、
すっごくいい人なんだけど、自分が何だか卑屈になっちゃうなあ、とか
いろいろな感じ方、空気感、雰囲気が漂うのが人間関係です。
それは、実際に会ってみないとわからないもの。

メールの文章が理屈っぽいなと思っても、実際に話してみるとシャイでロマンティストだなあと感じることもあるわけです。もちろんその逆も然り。

この人といるときの自分が好き、自分の感じ方や態度が好き、というのがいちばん重要になってくるように思います。そう思えるのが、真に「相性」がいいということではないでしょうか?

長々と説明させていただいて申し訳ありませんが、プロフィールの「相性」は趣味や好みについてであって、本当の相性は、実際にあなたがお相手とお会いになって感じてらっしゃる部分だと申しあげたいのです。

星座や血液型、様々な占いで相性最悪と言われたのに、めちゃくちゃ仲のいいご夫婦を何カップルも知っています。また、最高の相性といわれていたのに残念ながら分かれてしまったカップルも知っています。

紙面で、あるいはパソコンの画面に記された数値より、あなたがお感じになる感覚の情報のほうが正しいと信じますが、いかがでしょう?

人は迷うと、はっきり明記された点数にすがりたくなります。
でも、それはひとつの目安であって、あるいは指針のひとつにしてもいいかもしれませんが、あくまでその程度。振り回されてしまっては本末転倒でしょう。

『「今は優しくて良い人だけど、気が緩んだらどうなるかな」とかこういう相性が低いのを乗り越えられる自信がないし』・・・などと思い煩う必要はまったくないのではありませんか?

乗り越えるとしたら、点数に振り回されてらっしゃるご自分でしょう。
恋愛も結婚も、最終的に舵取りするのはあなたご自身なのですから。
「そんなことで引っかかっている自分も嫌です」と思われるなら、

まず、ご自分の感性を信じてあげてください。

すべてはそれからです。
あなたがお感じになっている彼のいい印象以外に、確かなものは何もありません。
それを大切に、これからの展開に尽力されてください。
ご健闘をお祈りいたします。

響子

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP