> > > 性格が正反対。引っかかる部分の多い彼・・・

プロフィール・条件 / 婚活:価値観の悩み

性格が正反対。引っかかる部分の多い彼・・・

30代女性

ご相談内容

サイトで知り合った年上の男性とデートを重ね、告白されました。
誠実でまじめな方で、私のことを真剣に思ってくれていますが、私はYESと言えず悩んでいます。

私とは正反対の部分が彼にあり、引っかかるんです。

彼はちょっと神経質で、うじうじしてる時がよくあり、そんな姿を見るとイライラしたり、頼りなく感じてしまいます。
また彼は、年収は1000万もあって負債もないのに、お金に細かくすごい節約ぶりです。買い物には必ず割引券を持参し、ETC割引の時間帯に高速に乗れなかったときは(数百円の違いで)しばらく愚痴を言ってました。
先日は、デパートの試食コーナーでがっついてる姿も見て驚きました。

私はおおらかでサッパリした性格であまり物事にこだわらず、浪費癖もありません(そこも気に入っていると彼には言われました)。彼ほどに節約にこだわる人は初めてで、節約自体は悪くないにせよ、ケチケチされそうです。食い意地が張っている人は苦手だし、彼の食事姿も正直気になります。

性格以外の条件面では問題ありませんし、性格は違うほうがバランスも取れるかもしれません。また、「女性は、愛されて求められて結婚するほうが幸せ」とも聞きます。
このようなケース、アドバイザーの先生方はどう思われますか?

アドバイザーの答え

ご相談拝見いたしました。

いきなり結論を申しあげるのは失礼かもしれませんが、
このお相手とは結婚なさらないほうがいいと思います。

性格が正反対ということは全然問題ではないのです。
せっかちな方とのんびりやさん、無口な人とおしゃべり好き、
散らかすタイプと片付け魔……など、むしろ違うことで
いいバランスを保っているカップルはたくさんいらっしゃいます。

しかし、ケチだということと食べ方が汚い、というのは
性格というより価値観、育ち方の問題で、40歳近くなって
変えろといわれて変えられる次元の問題ではないと思うのです。

例えば、普段お金に細かくても、いざという時(何かの記念日とか
お祝いなど)にはパッと散財するとか、あるいは旅行では
いいホテルを奮発したり、その時しかできないオプショナルツアーに
参加したりするというなら、それは本当の意味での節約家です。
しかし、何に対してもケチケチした姿勢をまったく崩さないのなら、
あなたに浪費癖はないにしてもすぐ息がつまってしまうでしょう。

仮に、結婚して妊娠し、休職している時期、あなたが化粧品など
女性に必要なちょっとした品を買うにもいちいち彼にお伺いを立て、
彼にグチグチ文句を言われてしまうなら、あなたはどう思いますか?

がつがつした食べ方というのもたぶん変わることはないでしょう。
彼自身は自分のそういう部分を悪いと思ってないでしょうし、
あなたに指摘されたらきっと傷つくはず。
そういうことがまったく気にならないという女性でなければ
彼とこれから何百回、何千回と食事の時間を重ねていくことは
難しいと思います。

仲良くできている時はかろうじて我慢できたとしても、
ちょっと喧嘩したり、彼のいやな部分を感じたりすれば、
あなたにとって、彼の食べ方は耐えられないものとなります。
毎日、拷問されているような気持ちが増幅していくかもしれません。

さて、ここまで言われて、あなたはどう思われましたか?

「ひどい。彼は真面目で誠実に私だけを真剣に愛してくれている人。
つましいけれど、それは彼に夢があるからなんです」
と、彼をかばうような気持ちになったなら、私は前言を撤回します。

でも、
「ああ、そうかもね。そういうことを言いそうだし、、、
私はきっと彼のそういうところを見るといらいらするだろうなあ」
と思われるのでしたら、おやめになったほうがいい。

金銭感覚は一生を通してかかわってくる問題であって、
映画の趣味や好きな音楽が違う、というケースとは次元が違います。
「食」と「金」は人間の根源的な価値観と直結しているからです。

せっかくのあなたの美点であるおおらかさやサッパリとした
物事にこだわらない性格を、どうか枯らさないでください。
あなたがご自身でその美点を美点に思えなくなるような相手と
結婚する必要はまったくないのではありませんか?

あなた自身の魅力を最大限に理解し、愛して楽しんでくれる
相手とこそ、あなたは結婚すべきではないでしょうか。

経理担当の募集ではないのですから、浪費癖がないところを気に
入ってくれる以上に、あなたのおおらかさを良いものとしてとらえられる
男性と出会われることを切に祈ります。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP