> > > 持病のある方との将来、どう考えたら?

プロフィール・条件 / 婚活:うまくいかないの悩み

持病のある方との将来、どう考えたら?

30代女性

ご相談内容

こんにちは。
話してて、とても楽しい男性に出会いました。2回目のデートで「付き合って欲しい」と言っていただきました。

私はまだ、「また会ってもいいかな」という程度の気持ちですが、「はい」とお返事をしました。その直後、「実は病気のことを話しておきたい」と切り出されました。

昔大きな手術をして、今は内臓に潰瘍があり薬も複数飲む必要があると。潰瘍は消えることはなく、ひどくならないようにする必要があり、仕事が忙しいと悪化するそうです。

全てはストレスが原因。彼は副業もしていて過労ストレスのようです。

私は「健康に良くないなら副業はおやめになったほうが」と言いましたが、彼は軌道に乗っているので辞めたくない様子。
まだ30代で複数の持病があることに、「いいかな」と思ってた気持ちが下降気味です。

病気って、結婚には大事な要素かと考えたこともなかった展開で悩んでいます。何か良いアドバイスをください。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

「また会ってもいいかな」という程度の気持ちのお相手から、
付き合い始めて間もなく、病気のことを切り出されるという
タイミングの場合は、本当に迷ってしまいますよね。

かなり好きになっている相手なら、結婚することを前提に
「そんなに心配かけるんだったら、結婚できないわよ」
と言ってしまえるかもしれません。

でもまだそこまでの関係ではなく、相手の人生設計にどこまで
口を出せるか考えてしまうし、かといって大恋愛中ならまだしも、
わざわざ心配の種が増えそうな相手と結婚を考えるのは・・・
という一般論的な気持ちもあるでしょう。

一番気になるのは、彼が自分の健康を第一には考えていない様子。
「付き合ってほしい」の言葉の直後、「実は病気のことを話しておきたい」
と正直に話してくれているのですから、誠実な人柄はうかがえます。

彼の病状がよくわからないので、どの程度心配すべきことなのか、
本当にストレスが原因なのか、副業を続けられるほど楽観していい
状態なのか、それによっても変わってくるかもしれません。

ただ、ご相談いただいた時点で判断させていただくと、
問題は、その状況をお互いがどうとらえているか、だと思います。

彼は楽観しているというより、せっかく軌道に乗っている副業に
将来を期待する部分があり、それによってもたらされる結婚生活を
望んでいるのではないかと思われます。

つまり、副業が安定すれば、余裕のある結婚生活を送れる、
と考えていらっしゃるのではないでしょうか。
その上で結婚を考えるからこそ、このままだと命に関わるという状態で
ない限り、何とかその状態を続けたいと思われているのでは。

ただ、あなたからすれば、仕事が忙しいと悪化する病気を抱える人が、
こんな生活でいいのだろうか、という疑問が第一に浮かびますよね。
しかも、病気は1つではなく複数。
大好きな相手であっても、いざ結婚という時に迷いが出てしまっても
当然かもしれません。

それに、持病があるから付き合いはやめようとか、
命には別状はないから結婚しようとか、
そんなに単純に決められることではないと思うのです。
また見方を変えれば、若くて持病のある方や、健康に不安を持ちながらも
結婚して幸せに生きている方もたくさんいらっしゃいます。

もちろんあなたは、そう言われても問題が違うのではないか、
と思われるかもしれません。
もし交際が進んでからお断りしたら、彼をより深く傷つけるのでは、
と心配されているからこそ、迷っていらっしゃるのですよね。

でしたら、彼ともう少し話し合われてみてはいかがでしょうか。
彼が、自分の病気と人生をどう考えているのか。
彼を見守る側のあなたの気持ちを、彼がどう考えているのか。

病気の度合い、もっとはっきり言ってしまえば
最悪の場合をまったく考慮せずに、
あなたはお付き合いを楽しむ気持ちにはなれないでしょう?

命に関わるような経験のある人なら、無理の仕方も違うかも
しれませんが、ちょっと良くなると『喉もと過ぎれば』で、
また同じような生活習慣を続けてしまうところがあるのも、
また多くの人間に見られるところです。

でも、話していてとても楽しいお相手なのですよね。
もう少し、3ヵ月とか半年間、彼といろんな話をなさってみては?

ただしその間、あなたは彼の健康状態の変化に関心を持ち、
あなたが感じる心配や不安を彼に黙っている必要はありません。
その上で、「あなたがそんな無理を続けるなら、私の心労も激しいし、
将来は考えられない」とお断りしてもいいのではないでしょうか。

病気のことはとてもセンシティブな問題ですから、
持病があるならお付き合いできない、とすぐ断るほうが
彼自身にとっては辛いのではないか、と私は想像します。

体のことを一番気にしてるのは彼自身だとは思うものの、
病状に対して彼がどこまできちんと対応しているか、が重要です。

彼があなたの気持ちにどこまで沿うことができるのか。
実際にお断りするとしたら、病気自体がネックというよりも、
あなたの気持ちを考慮せずにマイウェイを進もうとする彼の姿勢、
ということになるのではないかと思います。

持病をかかえながらも、あなたと楽しい会話を弾ませられる彼は、
なかなか魅力的な人物なのではありませんか?
お付き合いが進むうちに、
「そんな病気のことなんか。私が傍にいて快方に向かわせてみせるわよ」
という気持ちになるかもしれません。

彼に対して気をつけていただきたいのは、決して彼の病気そのものを
批判するような言い方にならないようにすること。
彼が無理を重ねたり、あなたの心遣いを無視するような態度をとった
場合にのみ、問題視していただきたいということです。

限られた期間の中で、あなたがご自身にふさわしい答えを
得られるよう、心から祈っております。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP