> > > 育児中の共稼ぎ、男性は反対多数?

プロフィール・条件 / 婚活:条件の悩み

育児中の共稼ぎ、男性は反対多数?

30代女性

ご相談内容

共稼ぎについて、「育児中は反対」あるいは「子どもができたら反対」という男性が割りに多いようで気になります。
 
現代社会の流れからすると、女性がキャリアを中断せず働くことを選ぶことが多くなりつつある、と思うのです。
  
私自身もできれば育児中も仕事は続けたい、と考えています。
そのためには男性の協力が不可欠です。

育児中の共稼ぎを反対する男性は、仕事が忙しくて自身は育児ができそうにないと感じてるのかもしれませんね。逆にあまりに女性の収入に頼ろうとする男性も、う〜ん・・・考えてしまいます。
 
「共稼ぎは相手次第」と答えてくれる方がベターですが、いいなぁと思う方が「子どもができたら共稼ぎ反対」と書かれていてることが多く、迷ってしまいます。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

育児中の共稼ぎに関する問題は、永遠のテーマではないでしょうか。

現在、個人の生き方・好みは個々にあるとしても、
人として自分のやりたい仕事を一生続けたい、という意見は
とても自然なことだと思います。

子供にだけ焦点を当てれば、親の育児義務という責任問題以前に、
「ある程度成長するまで親が育児をするのが子供にとってベストだ」
という意見を否定することはできません。

また、男性で会社勤めなどの仕事に従事している人は、
仕事と育児と両立させるのは難しいでしょうが、
それは女性で勤めている人に関してもまったく同じでしょう。
よほど自由なフリーランスでない限り、仕事とはそういうものですから。

この一見まったく相反するような3つの要素を、
どう自分らしく、自分達らしい形に結実させていくか、ということが
結婚生活の重要なテーマであり、醍醐味だと思うのです。

やりたい仕事でキャリアを積まれているであろうあなたのお気持ちは、
やりがいのある仕事を持つ女性なら、必ずや感じているはずのもの。

そして、そんな女性をいいなと思い、結婚したいと思っているけれど、
現実問題、仮に妻の出張中に子供が熱を出したから来てほしい、と
保育園から電話がきた時、自分が大事な会議中だったらどうしよう・・・
と思ってしまう男性が多いのも事実でしょう。
また男女が逆な場合も然り、です。

 「私、今日は大事な会議だって言ったじゃない」
 「僕は今、出張中なんだよ」
 「育児は二人で折半すると言ったからあなたと結婚したのに・・・」
 「そんなこと言ったって・・・」

こんな状況を避けたいから、とりあえず子供ができたら妻には
家に入ってほしい、と願う男性が多いのではないでしょうか。

じゃあ、やはり女性が犠牲になるべきなのでしょうか?
そんなことはありません。
順を追ってお話しさせてください。

最近は少子化問題を受けて、産休を長く取れるようにしたり、
託児施設を設置する企業も増えてはいるものの、
そういうインフラ以前の男性の意識の問題もあるわけですよね。

確かに、共稼ぎは反対という男性は多いかもしれません。
でもそういう方でなく、「子供ができたら共稼ぎは反対」だったとしても、
「基本的には共稼ぎOK」という男性と、実際のお付き合いの中で
あなたの仕事への思いを理解してもらうよう努めてほしいのです。

このサイトではプロフィールで理想の条件を提示するものですが、
これだけは譲れないという場合もあれば、『あくまでも理想としては』
という場合もあるでしょう。

あなたの場合も、育児中の共稼ぎを認めてくれる人なら誰でも良い、
というのではもちろんなく、好きな人、この人の子供を産みたい、
と思える男性が育児中も共稼ぎをさせてくれたらいいな、
ということですよね。

あなたの仕事に優先順位がおかれているようですが、ただその順位に
その時その時でフレキシビリティを持っていただけませんか?
極端な言い方で恐縮ですが、いくら仕事優先だとしても、
これから出産という時にはパソコンは打てませんし、
夫や子供の命にかかわる場合は仕事どころではありませんよね。

そういう人としての常識・良識の範疇も認識したうえで、
仕事に理解はあるものの、育児中は共稼ぎ反対という男性に対して、
あなたにとって、いかに仕事が重要であるかを楽しそうに語り、
男性の仕事の話も理解をもって優しく受けとめてあげてほしいのです。

男性が一番心配するのは、自分たちの子供がちゃんと面倒を
見られないことだと思いますから、
あなたが育児を嫌がるような女性ではなく、
細やかに行き届いているけれど、仕事は続けたい女性なのだ、
というふうに認識できれば、事態は変わってくると思います。

出会った当初から、あまり育児中の共稼ぎを主張し過ぎないこと。
あなたの人柄、優しさ、穏やかさを十分理解してもらってから、
あなたの意見を小出しにして、よく話し合うようにしてください。

ただ、仕事の話に熱心になって、ついグチったりしてしまうと
「じゃあ、辞めれば・・・」ということになりますから、気をつけて。

また、地域や世代などによっては、「共稼ぎなんてとんでもない!」
という人たちも存在します。
いくらあなたが正しくても、正論が必ずしも通用するとは限りません。
妥協できるところはどんどん妥協して、なるべくフレキシブルに
とらえていってください。

「だから日本の男は遅れてるのよ」と叫んでも、何の解決にもなりませんし、
「女は忙しいとヒステリックになるから仕事を辞めたら」と言われかねません。

なるべくゆったり構え、『この人は仕事をしているから素敵なんだ』
『仕事で一層この人は輝いているんだ』と思わせてしまったほうが
確実ではないでしょうか。
ですから、ここは譲れないという部分に関しても、強い言い方は避け、
なるべく穏やかに柔らかく主張なさってみてください。

あなたも、素敵と思える男性に会ったら、その人になるべく合わせてあげたい、
という気持ちが生まれるかもしれません。
それにいざ出産したなら、子供を誰かに預けるなんてとんでもないわ、
と育児を自分でしたくてたまらなくなるかもしれませんし。

絶対こうでなきゃイヤ・・・と思い決めるより、この人とならどうすれば
いい影響を与えあって自分達らしい関係を築けるか、というふうに
感じていっていただけたら、と思います。

あなたの生き方を応援してくれるような男性との出会いを、心から祈ります。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP