> > 法則その1

幸せな結婚の法則 その1 寛容であるべし

寛容であるべし結婚満足度の影響度1位(67%)

相性がよいと感じられるパートナーの性格を調べました。

妻が「相性がよい」と答えた夫の性格

夫が「相性がよい」と答えた妻の性格

この表はパートナーの性格的な傾向と性格相性満足度との相関関係を示します。値の大きい性格の傾向が強いほど性格の相性が良いとパートナーは感じます。

妻から見た場合、夫が「頼れる」「寛容」「協調的」な性格だと相性が良いと感じる傾向があります。

一方夫から見た場合、妻が「寛容」「協調的」「楽観的」な性格だと相性が良いと感じる傾向があります。

なお、自分自身がどのような性格かは、性格の相性にはほとんど影響しませんでした。「性格の相性」とは相手と自分の性格の組み合わせではなく、相手が「寛容」「協調的」「頼れる(相手が男性の場合)」かどうかによって決まってくるようです。

サイトからのコメント

「寛容」は女性1位、男性2位でした。寛容とは「心が広く、他人を厳しくとがめないこと」。たとえ相手と意見が違っても、よく耳を傾ける。相手が失敗しても、厳しく責めない。そのような姿勢がパートナーの結婚満足度を高めるようです。
また、「協調的」と「頼れる(相手が男性の場合)」も上位でした。パートナーに協力して力を貸してあげる、助けになってあげるという姿勢も大切なようです。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。