> > 60歳〜68歳・男性の検索結果

お試し検索 60歳〜68歳男性会員

ユーザーアイコン

年収 500万円
学歴 大学 卒業
身長 165cm
体型 スリム
アラミス さん 60歳 東京都  IT・通信 その他

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。 今月登録したばかりで何もわかりませんがよろしくお願いします。 私は離婚するまでかなりの労力を要しました。それだけに今は、ほっとした気持ちです。 性格的には、まじめで責任感が強いほうだと思います。 明るくて思いやりのある方で、ともに人生を楽しく、... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 500万円
学歴 大学 卒業
身長 175cm
体型 ふつう
J.F さん 60歳 東京都  IT・通信 会社員

東京生まれ東京育ち。 7年ほど前離婚し都内マンションを購入し独り暮らしをしています。子供なし。ローン等もありません。 某有名メーカー系のIT会社に勤めています。 趣味はテニス、写真撮影、旅行、音楽や展覧会、落語、スポーツ等アクティブに見に出歩くことも好きです。性格は真面目で優しく誠実です。お互... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 600万円
学歴 大学 卒業
身長 173cm
体型 ふつう
よっちゃん さん 66歳 東京都  会社役員

今現在あるのは、周りの人たちのおかげで、自分という存在があることに感謝して生きたい。私の周りの人の評価は、「優しい人」といわれます。人と争うことは、好みません。常に感謝の気持ちを持って、日々をすごしたい。自分の日々の行動は、誰に見られても恥ずかしくない様に律したいと思っています。自分に合う人が... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 3000万円
学歴 大学 卒業
身長 172cm
体型 ふつう
S.N さん 61歳 奈良県  建設・不動産 自営業

4月6日を最後に無料会員になり、メッセージを送ることができなくなります。 個人事業をやっており、苦労の甲斐があって事業が順調に運ぶようになりました。 いろんな面で余裕が出来てきたので、残りの人生を一緒に楽しめる女(ひと)が欲しくなり登録してみました。 そのきっかけになったのが、旅行にでも行... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 500万円
学歴 大学院 卒業
身長 170cm
体型 スリム
zyxw さん 61歳 千葉県  素材 会社員

閲覧ありがとうございます。 魅かれるタイプは、優しい人です。苦手なタイプは、自分勝手な人です。 休日の過ごし方は、趣味(街歩き、ハイキング、旅行、カフェ巡り、読書など)を楽しんでいます。 仕事は、定年退職して、それなりの勤めをしています。

ユーザーアイコン

年収 400万円
学歴 大学 卒業
身長 163cm
体型 ふつう
真ちゃん さん 66歳 長野県  自営業

人生を前向きに、ゆとりを持って生きております。  週3回はトレセンへ通い心身一体の修練に努めております。 一緒にはばたきませんか!

ユーザーアイコン

年収 500万円
学歴 大学 卒業
身長 168cm
体型 アスリート体型
スコッチ さん 62歳 大分県  建設・不動産 自営業

今月(4月)一杯で有料会員を退会です。 ありがとうございましたm(__)m はじめまして(^-^)♪ 私は、自然のなかでのロハスな生活や 和服を含めての日本文化とアウトドアスポーツなどが好きです。 温泉や旨い料理を楽しむ旅行やキャンプも大好きです。 アウトドアやスポーツのお陰で、体型は若い... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 700万円
学歴 大学 卒業
身長 169cm
体型 ふつう
F.I さん 60歳 神奈川県  メディア・広告 会社員

プロフィールまで、来ていただいてありがとうございます。結婚のチャンスを幾度か逃してしまいましたが、人生のパートナーを真剣に探しています。仕事は東京で編集の仕事をしています。土日は休みで、夜もわりと自由です。海外旅行が好きです。休日はスポーツクラブで水泳、ヨガなど。冬はスキーも。お酒はそこそこ飲... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 1100万円
学歴 大学 卒業
身長 172cm
体型 スリム
shigeru さん 68歳 東京都  会社経営

大学には、2つ行きました。明治とICUです。卒業後、好きな英語を予備校で教えてから、昭和60年に、友人と3人で、独立して東京と埼玉で、塾を経営しておりました。それが、4年程続き、その後平成元年から、各自が独立して、私は、東京中心に、家庭教師の派遣業をしておりました。家庭教師派遣業は、結構長くて... 続きを見る

ユーザーアイコン

年収 500万円
学歴 大学 卒業
身長 167cm
体型 ふつう
コロボ さん 60歳 熊本県  —

いろんな人生の表と裏をみてきた苦節云十年、やっと生活にゆとりさえ感じれるときがきたと思えばひとりであることに思案投げ首、おもえば、生きることに精いっぱい、恋愛のせつなにむなしささえ感じ、音楽の世界にいやされてきた気がします。でも現実は男も女もひとりではいられない生きものなのでしょう。

ページTOP