> > > 「これはあんまりしてはいけない」と思う2つのこと

~30代後半女性編~ 年代別婚活体験談

「これはあんまりしてはいけない」と思う2つのこと

~35歳 女性~

ここに登録して半年が過ぎ、10人以上の男性にお会いしました。
でもまだ意中の男性にはめぐり会えずにいます。

そこで今までの私の体験から失敗談をお話ししたいと思います。

特定の彼が見つかり、電話したりデートしたり、恋愛関係がはじまりつつあるとき、わたしは「これはあんまりしてはいけない」と思うことが2つあります。


その1:メールの多用

「今電話すると、忙しくて迷惑かも…」
とか思って、
「メールを送ることにしよう」
と安易に考えちゃうが、メールほど相手にこちらの意図する感情がつたわりにくいツールはないと思う。

しかも短文で味があり、なおかつ
「あなたのこと好きなの」
という感情がこめられた要件のあるメールを書ける女子はそうそういない。

長いおもしろくない要件のないメールなどもらったら、
「読んでソンした。時間のムダだった」
とスパムメール以下の扱いしか受けないし、当然返信メールもこない。

その結果、
返信メールがこない→嫌われてる?→自信喪失

この自信喪失は恋愛カ(愛され力とでもゆーか…)をゼロにしてしまいます。

また、彼からきたメールを何度も読みかえして、
「ここにハートマークついてるし楽しかったってことだよねえ」
とか、分折してしまうかもしれません。

が、相手の意図は絶対100%届かないし、人の心は日々変化してゆくので、メール1文字のために何時間も考えるなら、お肌のお手入れをしたほうがいいのかも知れません。

メールするよりまず、《2人で会う》
それがムリなら、《電話で話す》

恋愛はいつだって人間と人間でする、わりかし生ぐさいモノだと思います。


その2:友だちの介入

彼との仲がいい感じに上り調子にあるとき、うれしくなって友だちにぽろっとしゃべってしまうことがあると思います。

友だちというものは芸能レポーターくらい他人の恋愛話にくいついてくるので、気づいたら自分でも思ってなかったことを口走り、友人に鋭いツッコミをされて、彼との関係に疑問を感じてしまった、なんてこともあります。

《恋愛は思いこみと錯覚》

なので、そんなところで疑問を感じてる場合ではないのです。

だいたい友だちは、心の底では「あなたに幸せになってほしい」と思ってはいるのだが、基本は
「おもしろけりゃいーよね」
なので、いちいちアドバイスを聞いていてはだめなのです。

大前提として恋愛は彼と2人でするものなので、なるべく2人のことは他人にしゃべらない方がいいです。
悩みごとがあって、自分である程度の結論がでている時は、友だちに相談して背中を押してもらうのはいいと思います。

2005年9月10日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP