> > > 明日、彼女に部屋の合鍵を渡します

~30代前半男性編~ 年代別婚活体験談

明日、彼女に部屋の合鍵を渡します

~31歳 男性~

最初はこうした出会いのサイトなど信じていなかった私ですが、先日こちらで、大変気の合う人と巡り合う事が出来ました。

最初のメールは私から出しました。趣味の話や、近くに住んでいて気の合いそうな人だと感じていたら、数通目で彼女から「会いましょう」とメールが来ました。

正直、私はこうした出会いを疑いの目で見ていましたので、疑念を抱きつつお会いしたのです。写真はお互い公開していなかったので、どんな人が来るのかドキドキでした。

そこに現れたのはとても素敵で、可愛らしい女性でした。

私にはとても不釣合いとか思いつつ、カラオケや食事に行きました。自分は無口だし、無愛想な所があるので、彼女はとても不快だろうなとか思いつつ、何も出来ず時を過ごしました。そして別れる時、きっと彼女からはもうメールも来ないだろう、と思っていました。

でも、別れてすぐ「また会いたい」とメールをもらって、天にも登る気持ちになりました。そして順調に何回かお会いし、お互いの本音など話あえる仲柄となりました。

しかし私には、ほんの少し『疑念』が消えなかったんです。古いタイプなんでしょうね。出会いのサイトという事で、もしかして彼女は本当は私を騙しているのではないか?と。会う時にこの疑念が消えませんでした。

私達の場合、彼女の方が積極的にアプローチしてくれていたので、会う度に不安は募りました。もちろん彼女は素晴らしい人で、自分の理想の人であるのは間違いありませんでしたが、どうしても疑念は消えませんでした。

そして私は、彼女とお付き合いしつつ、他の方とメールのやりとりをしていたのです。自分もいい年だし、次にお付き合いする人とは結婚も意識してお付き合いをしたくて慎重になりすぎてました。つまり、メールの方と、現実のお付き合いの方との両股です。

先日、現実にお付き合いしている彼女にパソコンを見られました。そしてメールしている人がいるとバレたのです。

自分がいかに最低な事をしているのか痛感し、その場でメールの方にはお断りのメールを出しました。メールをしていた方にも、この場を借りてお詫びしたいと思います。

メールの方はお断りしても、エキサイトのサイト自体は忙しさにかまけて退会していませんでした。そしたら先日、彼女に「ナゼまだ登録しているのか」を問いただされました。ぐうの音も出ません。彼女と別れた後の事を想像して、登録を続けていたのかもしれません。これもまた彼女に対し最低な行為であり、けじめとして先程エキサイトを退会致しました。

今はこちらで知り合った彼女を信用しています。明日彼女に部屋の合鍵渡します。彼女が運命の人と信じ、最終的には二人でいいゴールを迎えられればと思いますし、これからは彼女のみを見て生きていきたいと思います。

皆様もそうでしょうが、出会いと言うのは本当に限られていると思います。自分で手を伸ばさないと中々幸せは訪れないですね。

ほんの小さな一歩から、一通のメールから、訪れる幸せもあると思います。出会いの形はさまざまです。皆様もこちらでいい人と巡り会える事をお祈り致します。

大変お世話になりました。稚拙な文章で失礼しました。

2005年10月25日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP