> > > 恋愛モードへのスイッチがカチン!と入った彼の言葉

~20代後半女性編~ 年代別婚活体験談

恋愛モードへのスイッチがカチン!と入った彼の言葉

~29歳 女性~

誕生日の今日、退会します。

このサイトに登録したのは今年8月のお盆明けでした。それからこの3ヶ月、実に20人もの方とお会いしました。素敵な方ばかりでした!もし、お会いするのを躊躇されている女性がいらしたら、是非お薦めしたいと思います。

いくらメールでいいことをお相手が言ってくださっていても、会ってみないとわからないことが多いとわたしは思います。だから、メールでヘンな妄想をする前に、早い段階でお会いするようにしていました。

わたしの欠点は、最初から1人に絞り込んでしまうと、その人しか目にうつらなくなってしまい、多少自分と合わないところがあっても目をつぶってしまうところでした。

それを周りの友達からいつも『見る目がない!』と指摘されていたので、こうしてたくさんお会いすることで、冷静に客観的に見つめ、考えることができたように思います。

お付き合いすることになった彼は、わたしのプロフィールを見て(「だめもとで・・・」と言ってました)メールしてきてくださったのですが、出したメールはわたしが最初で最後だったそうです。

だから、わたしからメールの返信がきたときも、お会いしたいといったときも、びっくりされていたようで・・・。
2回目に会ったときに「つきあってほしい」と言われていたのですが、「じっくり考えさせてほしい」というわたしをちゃんと待っていてくれました。

こういうサイトだから、要するに「付き合うか、付き合わないか」の二択をまず「お会いする」ということで決めていかなければならないと思うのですが、男性の皆さんは「付き合おう!」と言い出されるのがわたしには少し早いなあと、毎回思っていました。

それで「もう少し様子をみさせて・・・」と言っても、決断を迫られたり、食い下がられたりということもあったり・・・お相手の方にも無駄な時間になってしまったら悪いと思い、仕方なくお断りをすることも多かったのです。

でも彼は、それから毎回会うたびに「絶対大事にするし、守るから」と言ってくれ、変わらない態度でわたしと接してくれました。

そして、5回目に会った夜に、「君と会えて素晴らしい一日でした」というメールを彼からいただいて、わたしの恋愛モードへのスイッチがカチン!と入ったのです。

わたしといることを素晴らしいと、幸せだといってくれるなんて、わたしのほうが幸せ者ですよ!!

それを照れずに教えてくれた、あせらずにわたしを大事に扱ってくれた彼と、向き合っていくことに決めました。

わたしの誕生日に、わたしの行きたいところに連れて行ってくれた彼に、この気持ちを伝えると、とっても喜んでくれました。わたしのことを「宝物」だとまで言ってくれる彼のこと、わたしも大事にしていきたいです。

こんな出会いを提供してくださったエキサイトのスタッフの方々には感謝しています。

なかなかいいお相手が見つからない・・・という方、諦めないでほしいです。絶対います、ぴったりのお相手は!

2005年11月6日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP