> > > ストライクゾーンから外してしまうのはもったいない

~20代後半男性編~ 年代別婚活体験談

ストライクゾーンから外してしまうのはもったいない

~29歳 男性~

突然のメールでした。

僕が入会したころは、男性の方がまだ会員が多かったんです。だから、彼女からの突然のメールには最初びっくりしてしまいました。

というのは、住んでいる場所も遠いし名刺の趣味のところを見ても、被っているところが全くないのでどうやって僕を見つけたんだろうって思ったからです。でも、明るくて楽しそうな方だったので、思い切って返事を出すことにしました。

それまで何人かの方とメールをやりとりしていましたが、住まいは近くても日中の仕事中などのメールのやり取りなどで、時間差が生じる方が多く、落ち着いてメールすることが出来なかったので、遠距離でも彼女とは、家に帰って一息ついた頃にやりとりできる分、だんだんメールの量も増えていきました。

入会して4ヶ月で知り合った彼女ですが、それから3ヵ月間だいたい毎日メールするようになりました。疲れているときはなおざりにメールを送ったり、時にはちょっと喧嘩みたいになったりと内容も日常的なことが多かったけれど、まるで隣で一緒にテレビを見ながら話ているような、そんな感じになっていきました。

結局3ヶ月目でやっと会うことが出来ました。すごく可愛らしい方だったのでダメだな、きっと僕に会ってガッカリしてるな、って思ったんですが、こんなにフィーリングが合う人にはもうきっと出会えないからと、彼女の方から付き合ってほしい、と言われました。

いまでも不思議な気持ちでいっぱいですが、僕も同じ気持ちなので、この出会いを永遠に大切にしたいと思っています。

会員のみなさんにアドバイスさせて貰うとすれば、距離が離れているからといって、ストライクゾーンから外してしまうのはもったいないという事です。確かに距離が近ければ、すぐに会えるというメリットはありますが、それは付き合ってから考えることだと思います。

付き合う前の段階では、物理的なつながりよりも、精神的なつながりが大切なのではないでしょうか?精神的な部分が欠けてしまって、本来の自分を出す前の時点で相手の方に会ったとしても、それは何人と会おうが上手くいき難いとと僕は思います。

せっかく時間も場所も越えられるメールという便利なツールがあるんだから、フィーリングやささいな会話を楽しめる相手を、ぜひ見つけていただきたいと思います。

普通に生活していたら、出会うはずもない彼女にめぐり会わせてくれたこのサイトに感謝しています。
本当に、ありがとうございました。

2004年7月6日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP