> > > メールで癒してくれたり元気付けてくれる人は恋人候補

~30代前半女性編~ 年代別婚活体験談

メールで癒してくれたり元気付けてくれる人は恋人候補

~31歳 女性~

このサイトで去年知り合い、今年の3月に同棲を開始し、6月に入籍。10月に結婚式を挙げました。

恋愛→結婚と付き合って1年。
今は何とか落ち着いたので、どのようにして結婚に至ったか、体験談を書こうと思いました。

彼を見つけたのは去年の5月。その時彼は、過去に恋人を亡くした経験を自己紹介に載せていました。私はそれを見て衝撃を受けました。「初めからこんな内容をここの欄に載せる人は珍しいと言うか、バカ正直な人なのか…」と。

実は、私も恋人を亡くした経験者です。それ以来、彼が何となく気になっていたのですが、「お気に入りリスト」に入れたまま何もしませんでした。

私は普段はプロフィール非公開にしており、お相手探しができるタイミングになると公開して、申し込みを受けて好印象と思ったらメール交換をしていました。

8月に祖母が入院して看病をし、精神的に疲れていた時、間違って公開にしてしまいました。その直後に彼から申し込みがあったのですが、そんな状態だった為「返信がかなり遅れますが、それでも宜しければお願いします」と書き、「首を長ーくして返信をお待ちしています」というのがきっかけでやり取りが始まりました。

メール交換をしてる間、彼の顔文字が多い事が私は気になりました。笑える話ではないのに「(≧∇≦)ブハハハ!」というのがやたらと多かったし、それを「バカにしているのか?」と思い嫌な気分になった事もありました。私の知らない仕事の話も多く、ちょっと迷惑でしたね。

それ以外は温厚な人柄と優しさを、メールの内容から見る事が出来ました。私も調子に乗って、亡くなった恋人の事や眠れない時に夜中にメールをしたりしました。それでも、ちゃんとした答えが返って来る人でした。

その最中に祖母が亡くなり、私が返信出来ない状態でした。でも、「ご飯はちゃんと食べてね」とか「ゆっくり眠ってね」等、返信が無い私に対してメールをくれていました。

祖母が亡くなり、私は亡くなった元カレの写真が気になりだしました。家に仏壇があるのに、亡くなった元カレの写真を飾る事はおかしい、元カレの家族でもない私の役目では無いと思いました。

彼に亡くなった元カノの写真をどうしたか聞いたら、亡くなった直後に処分したとの事でした。私はそれを聞き、すぐ元カレの写真を処分しました。「亡くなった彼の事は早く忘れなさい」と常々言っていた祖母の死と彼が背中を押してくれた事がきっかけだと思います。

この時点で彼とは会ってもないし、恋愛の相手としては意識をしていませんでした。傷を舐めあう関係にだけはなりたくないし、恋愛の相手では無いのかなと直感的に思うようになり、距離を置きたいと、彼に別れを告げました。

しかし、「残念ですがここで知り合ったのも何かの縁なので、パソコンでわからない事等があったら、いつでも相談してくださいね(^○^)」と言う返信でした。
無視をされるか、そのまま最後の挨拶が来ると思ったのに…。

結局、彼と私は本当のメル友になってしまいました。こっちの状況や毒舌メールを結構普通にしていました。昨年11月(メールを始めて2ヶ月弱)、お互いに時間が空いたので、何となく会いました。

その時の彼の印象は…「この人と居ると落ち着く!そしてやすらぐ」。
彼の私に対する印象は…「辛い事が遭っても、ちゃんと前を向いて歩ける人」だったそうです。

そしてお互いに「恋愛対象」として意識するようになり、会って6日後に酔った勢いで彼の家に押しかけ、付き合うようになりました。それから、2ヵ月後にプロポーズ、4ヵ月後に同棲、7ヵ月後に入籍…となった訳です。

メール交換をしてて「ちょっと違うな」と思っても、メール上でちゃんと話を聞いてくれ、癒しと安らぎを与えてくれる人、または元気づけてくれる人は、恋人候補であると思います。

「すぐに写真を送って」「今すぐに会いたい」等、初めてか2回目のメールから自分の要求を押し付ける人、写真を送った後や、自分的に普通の内容のメールを送った後に、何も言わずに急に去っていく人は追う必要の無い人であり、恋人候補ではありません。

「もしかして恋人候補?」と思える人がメールをやり取りしている人の中にいたら、まずは会ってみる事をお薦めします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたヾ(^_^)

2006年11月4日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP