> > > メールの感じ方は人それぞれ。思いやりが大切ですよね

~20代後半女性編~ 年代別婚活体験談

メールの感じ方は人それぞれ。思いやりが大切ですよね

~29歳 女性~

いつも体験談を読ませていただき、今回初めて投稿させていただきます。

「出張先で忙しいなか、メールを返信したのに」の体験談と、その体験談に「好意を持ちました」という、女性の体験談を読ませていただき、いろんな考え方があるんだと勉強になりました。

確かに、出張で忙しいなかでもお相手に返信をされたことは、誠実なことだと思います。

私は、この男性はお相手の女性に、「出張でとても忙しい。だから時間がなくて、きちんとした内容のお返事ができませんが・・」ということを、お伝えしてあったのかしら?と疑問に思いました。

このようなサイトでは、唯一のコミュニケーション手段が『メール』という場合が多いです。

お相手からもすぐ返信がきて・・とありましたが、女性の方もメールがないことが不安で待っていたのではないでしょうか。

心待ちにしたメールがそっけないメールだと、不安になって「話題もつきたようで・・」と、自分から傷つくことを防ぐ形をとってしまいがちです。
忙しい中、短いメールでも相手を想う気持ちを伝えたい!という気持ちがあれば、伝わると思います。

それに、女性は「話題がつきたようで・・」という書き方をしています。
男性から、「そんなことないですよ」「出張から帰って落ち着いたら、ちゃんとしたお返事します」「いろいろ話したい気持ちはありますが、忙しくて・・申し訳ない・・」等、相手を想う気持ちのお返事をもらいたかったのかもしれません。

忙しい時こそ、『お相手のことを考えています!』ということを伝えることが大切だと思います。

もしかしたら、そこまでその女性のことを想っていらっしゃらなかったのでは?とも思えました。
女性は誤解してるかもしれないのに、「忙しい中メールしたのに馬鹿馬鹿しい」と思い、誤解を解こう、なんとかメールで繋がっていたい!と思わなかったのは、それまでの相性、それで終わりにしてもいいと思える相手だったのかもしれませんね。

どんなに忙しくても、『あの人にメールをしたい!』と思えるお相手がいいですよね^^

もし、出張先で忙しい旨も伝えてあるにも関わらず、「話題がつきたようで・・」というお返事だったら、その女性は寂しかったのかもしれません。

「忙しいのに、自分にメールをくれたんだ」と普通は嬉しくなると思うのですが、
そうではなく「話題がつきたようで・・」と感じてしまうのは、また女性の方もそれまでの想いだったのかもしれません。

お付き合いをしているような仲でもなく、まだお互いを知っていく過程でのメールのやりとりは、文字でしか伝えられない分、敏感に感じとってしまうこともあると思います。

逆にいうと、お相手の方の、その時の体調や心理状態や読む時の環境で、同じメールの文章でも、まったく正反対に感じとることもあるでしょう。

今回の体験談を読ませていただき、少し「相手を思いやる気持ち」が双方に欠けているような気がしてしまいました。

忙しい時に来る「お疲れ様。無理しないでくださいね・・」という、相手を思いやるメールは、どれだけ疲れを癒すことができることでしょう!

また、不安な寂しい時に来る「忙しくてなかなかメールができなくて、ごめんなさい。どんなに忙しくても、あなたとメールをしたい気持ちは変わりません・・」等、相手を思いやる気持ちのメールは、どれだけ不安や寂しさが消え、嬉しさに繋がることでしょう!

しかし、いくら相手を思いやる気持ちがあっても、うまくいかない時は、うまくいきません。それも、すべてタイミング、価値観、相性なんでしょうね。

メールの文章の感じ方も、人それぞれで、その感じ方が価値観の一致の一つでもあるんでしょうね。

纏まりのない文章、個人的な意見を投稿させていただき、申し訳ありません。
最後に、今回改めて、「大切なこと・・」に気付かせていただけました。感謝いたします。

2007年5月1日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP