> > > 理想の条件とは違ったけど、好きな気持ちにウソはつけません

~20代後半女性編~ 年代別婚活体験談

理想の条件とは違ったけど、好きな気持ちにウソはつけません

~28歳 女性~

このサイトに登録した当時の私は、長い片思いの末、失恋して暗い毎日を送っていました。このまま落ち込んでいてはいけない、年齢的なことも考えたら、早く次の恋ができるように立ち直らなくちゃ、と焦り始めた頃ここを見つけました。

あれから約3ヶ月。今、恋をしています。

登録当初、びっくりするほど沢山の申込みメールが届きました。
今の彼もその中の一人でしたが、年収や職業などに目がいってしまっていた私には、正直な話、彼の名刺はそれほど魅力的ではありませんでした。趣味も、あまり合っていませんでした。

返信した理由は、何となく・・・です。彼のメールの文面は、どこか他の人とは違っていて、無視できなかったのです。

なぜ私の名刺に魅力を感じたのかということや、二人の個性が組み合わさればこういう関係が築けるだろうということを訴えかけてくる真摯な文章が印象的でした。
この初メールの文章は、その後彼とメールしたり会ったりする度に頭に浮かんできて、彼に対する気持ちを確認する材料になりました。

まもなく始まった彼とのメール交換はとても楽しく、返信を心待ちにする日々が続きました。彼のメールのおかげで、いつしか失恋の傷も癒え、この人に会ってみたいと強く思うようになっていました。

初対面の時の印象は、これまた正直なところ「うーん・・・?」という感じでしたが、しばらくすると初対面とは思えないほど話が弾み、別れ際には「もう少しこの人とおしゃべりしていたいのに」と名残惜しい気分になっている自分がいました。

その後3度目のデートで交際を申し込まれ、考えた末5回目の先日OKしました。
登録当初思い描いていた理想とはまったく異なる相手であることに多少の迷いも感じましたが、気持ちにウソはつけないと思ったからです。

メールを交換した中には、年収や職業、趣味などが理想的なお相手も沢山いました。お会いしても、みなさんとても格好よくて素敵な方ばかり。

でも私は、有名企業にお勤めでもなければ、趣味が合うわけでもない彼を選びました。この人を好きになってしまったのです。

彼と一緒だととても楽しいし、自然体でいられます。フィーリング、というのはこういうのをいうのでしょうね。今はこの恋を育てていきたいです。

2004年12月15日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP