> > > 運命の予感を信じて

~40代前半男性編~ 年代別婚活体験談

運命の予感を信じて

~43歳 男性~

ようやく、自分もここに体験談を書き込めることになりました。

2年近くエキサイトを続けていて、何人かの女性とメールをしたり、実際に会ってみたりしましたが、なかなか進展しないまま時間だけが過ぎていきました。

落ち込んでもいられないと開き直り、プロフィールの内容を修正して、気分一新したところ、遠方から一通のメールが届きました。単純におもしろそうな人だと思ってメールした、とのこと。

彼女の話の中に遠距離恋愛を成就した友人がいるということを一つ励みに、この人にかけてみようかと思って、メール交換を続けました。
1ヶ月半を過ぎて、2人が出会いやすい東京で初めて顔合わせをして、運良くそれから交際がスタートしました。

遠距離のため、三連休を利用してお互いの地元へ赴き、交際を重ねていくうちに、心の距離がだんだん短くなっていきました。

すでに自分の気持ちは年を越す前に決まっていたので、迷わず、プロポーズしましたが、彼女の方からはもう少し時間が欲しいという返事でした。物理的な距離の他に越えねばならないハードルを、一つ一つクリアしていくしかありません。

彼女と写真交換をしたとき、自分の中にこの人と一緒になるんだという予感が、今まで以上に強かったのを覚えています。

彼女と顔合わせをする前日、数年前に結婚した後輩夫婦から「初対面でお互いに予感した」ということを聞いていたので、自分のこの予感だけが支えでした。
だから、「何年先になっても待つんだ。もう彼女以外に考えられない」という気持ちをはっきり伝えました。

そして、バレンタイン間近、ちょうどメール交換から1年になろうとする時、以前から行きたかったレストランで一緒に食事をしました。
食事が済んで、その場で彼女からバレンタインのチョコをもらい、そしてさらにサプライズなプレゼントが。

それは「結婚してもいい」という彼女からの返事でした。
予感が、現実になった瞬間でした。

一途な想いが人を動かし、そして可能性を与えてくれる。
ここまでの道のりにはいろいろな人の想いと協力があって、ようやくたどり着くことができました。

彼女をはじめ、すべての人に対して、今は感謝の気持ちで一杯です。

2008年2月13日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP