> > > 「実際にお会いしてますます好きになりました」とのハートメール

~30代前半男性編~ 年代別婚活体験談

「実際にお会いしてますます好きになりました」とのハートメール

~34歳 男性~

「エキサイト恋愛結婚」のお陰で、初めてお付き合いしていただける女性ができました。わたしにはもったいないほど、優秀な三つ年下の彼女です。

一日の大半を過ごす職場でも出会いを活かせることなく、孤独な30代を過ごしていたところ、ブロードバンド時代が到来。そして結婚情報サイトの登場は、マイペースなわたしに打ってつけでした。

「エキサイト恋愛結婚」は大手ポータルサイトが運営しているとはいえ、自分の近くに住む女性がどれほど登録していて、どんなプロフィールの持ち主なのか入会前は分からないし、男は有料制なのが二の足を踏ませました。

しかし、月額制で登録月は無料というのに引かれ、昨年8月初めに入会しました。サイトのできばえは秀逸でした。

女性の割合も半分以上だし、運転免許証等で本人確認がなされているなど、真剣にお相手を探す環境が整えられています。プロフィール欄も多岐にわたっている上に、性格診断や相性、攻略法(自分のコメントが書き込めればもっとよかった)まで提供されるなど、至れり尽せりだと感じました。

男性会員の平均年齢はわたしと同じというところも親近感を抱かせましたが、ターゲットとする近く(県内)に住み、同年代以下で煙草を吸わない女性は10名そこそこ。

冴えない自分を時には面白おかしくさらけ出したプロフィールを書き、居住市名も載せたことが功を奏したのか、「正会員」になってから2日も経たずしてメールをいただけたのは驚きでした。

県外の方でしたが、彼女も登録したばかりで、わたしの住む市に週1回来ているなどと、わたしに宛てられた文章がすごく嬉しくて、急いで返事を出し、それから毎日のようにメールをやりとりする日々。

すぐに「相手の好感度」が「会いたい」になった積極さにタジタジとなりましたが、信じられない展開に思わず笑みがこぼれたものです。

最初のメールから2週間ほどで、在来線で1時間半ほどの最寄駅まで遊びにきていただき、炎天下の観光スポットを案内したのが昨日のことのよう。

写真やメールアドレスもお互いに公開していましたが、百聞は一見にしかずですね。ファミリーレストランで食事をしましたが、代金を気遣っていただいたり、外では日傘を差しかけてくれたりしたことが印象に残りました。

帰られた後に、メールが来なくなったり、お断りのメールが来たりしたらと不安だったものの、「実際にお会いしてますます好きになりました」とのハートメールをいただいたときは、天にも上るような気持ちでしたね。

それでその月末に退会することにし、以後はお互いのアドレスでメールのやりとりを今日まで続けています。

彼女が週1回の用事で来られる際にデートをするのがほとんどですが、6回目の逢瀬では1泊旅行に行って、腕を組んでいただいたし、先日は彼女の最後の用事で、18回目のデートを楽しみました。

実際に顔を合わせてから半年が経ち、彼女が来られる用事がなくなったこれからがたいへんですが、遠距離恋愛を成就させたいもの。
素晴らしい出会いの場を提供していただいた「エキサイト結婚情報」には、感謝感激雨あられです。

会員の皆さんには、相手の気持ちを考えて優しく接し、そしてタイミングを逃さず、積極的に行動すれば、きっとサイト内外でよいパートナーと巡り会えると願っています。

2005年2月23日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP