> > > 幸せは待つものではなく,自分で探してつかむもの

~30代後半男性編~ 年代別婚活体験談

幸せは待つものではなく,自分で探してつかむもの

~39歳 男性~

この頃,ふっと気づくことがあります。

プロフィールをしっかりと書きすぎたことがいけないのか,当たり前の掃除,洗濯が出来る方を希望していることがいけないのか,バツ一がいけないのか,写真がいけないのか・・「ひろしです・・」状態に落ちいった時期がありました。
まだまだ青いなと思いつつ,楽しんでいます。

数打ちゃ当たる状態で知り会って結婚に至った時は,お互いが不幸になる気がするので,相手のプロフィールをしっかり拝見してお誘いをしています。

お誘いをして,お断りのメールを出される女性はしっかり自分を見つめて真剣に幸せを探しておられる方だと思いますので,うれしくなると共に,メールを出してよかったと,お幸せになってほしいと願ってしまいます。

これとは反対に,メール交換をしている最中に,会員登録のまま音信不通になったり,お断りのメールさえ出されない女性がお見えになります。
そのような時は,心から「この人でなくてよかった」と思ってしまいます。

お気づきのように,ここは男女とも真剣になってこられているので,事情がどうであれ,誠意にお断り等のメールを差し上げるのが礼儀であると心得ます。

「親しき仲にも礼儀あり」であり,「礼」は人の心を癒します。
お断りのメールで激怒する男性は,自分を見失っているか精神的に成長されていない方だと考えられますので,お断りした女性も,結果的によかったものと考えられます。
お忙しい最中で大変でも,返答は必ずだすことが,自らの質を一つ高めたことになると考えます。

時に,自分自身のレベルを忘れ,お相手の条件をあまりにも厳しく高く設定してしまうと,本当はすぐ近くにいた素敵な方に出会う機会を逃してしまうということがあります。
自分をよく見て,そんなに背伸びをせずに素直な気持ちでお誘いしますと・・素敵な人がそこにいた・・そんな気がしてなりません。

どのような境遇であれ,ここにこられた方々全てが幸せになる権利があると確信しておりますし,小生も幸せになる権利があると信じています。

幸せは待つものではなく,自分で探してつかむもの・・世界で一番大事な方を探しだせるよう,日々がんばっています。

2005年6月10日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP