> > > 今、アメリカにいる彼に会いに来ています

~20代後半女性編~ 年代別婚活体験談

今、アメリカにいる彼に会いに来ています

~25歳 女性~

彼と知り合ったのは今年の正月明けで、Exciteで彼からメールが来たのが始まりでした。
明らかにコピペだと分かる内容だったのですが、プロフィールが気になったので返事をしました。

約1ヶ月こちらのサイトを通してのメール交換が続いたのですが、メールでのコミュニケーションがうまくとれず苦痛になってきたので、遠まわしにお断りのメールを送りました。

でも、その返事で彼が「1日1行でもいいから、こつこつ続けてみませんか?」と言ってくれたのをきっかけに、次の日から自然にメール交換が出来るようになりました。

それからは、直接メールをするようになり、どちらが決めたわけでもなく、毎日お互いが朝起きた後、Webcamを使ってボイスチャットをするのが日課になっていきました。

週末は毎回「映画デート」をしました。「映画デート」とは同じ映画を同時に見る、というものです。彼は土曜日の午後9時から、私は日曜日の午後1時から同時に映画をスタートさせます。当然場所は遠く離れているのですが、まったく同時に同じ映画を見ているという共通体験を通して彼を近くに感じることが出来ました。

彼は9月に日本に戻ってくることが分かっていたので、会うのはそれからという話になっていました。でもお互い会いたい気持ちが次第に募ってきて、思い切って彼のいるアメリカに行く計画を立て始めました。

それもはじめは10日間だけ行く予定だったのですが、急遽職場をやめなければいけなくなり、それを機に2ヶ月間アメリカに滞在することに変更しました。私は今までにアメリカに行った経験もなければ一人で海外に行ったことすらないのですが、アメリカに行こうと思い立ったときにはほぼわたしの中で「この人なら」というように気持ちが固まっていました。

英語もほとんどしゃべられない私が不安になるのを、彼は毎日優しく慰めてくれました。入国審査のことや住んでいる場所の事情、空港でどうすればよいのかなど丁寧に教えてくれました。

渡航前日はドキドキして眠れませんでしたが彼が「案ずるより産むが安し」といった言葉どおり、来て彼に会ってみれば、自然とすぐにお互い打ち解けることができました。

空港で出迎えてくれた彼と会ったときの印象はそれまでとまったく変わりませんでした。彼も変わらないといってくれました。1週間アメリカに彼と一緒に住んでみましたが、まるでいままで何十年と一緒に暮らしているかのように自然に生活をすることが出来ています。

日本から何千キロとはなれた土地で英語も話せず知人もおらず、不安な私を大きな心で受け止めてくれ、支えてくれています。彼とならどんな困難でもいっしょに乗り越えていける気がしています。

これもExciteのおかげだと思います。どうもありがとうございました。

2005年7月7日

会員の声 Pick up

あなたの「婚活体験談」をお聞かせください!

あなたが活動を始めたきっかけ、感じたこと、アドバイス、退会後の後日談…などなど、
エキサイト婚活での婚活体験をお寄せください。

投稿はこちら
ページTOP